キリンノックスの日記

2019-07-03から1日間の記事一覧

芥川龍之介『或阿呆の一生(火花)』の私的考察

八 火花 彼は雨に濡れたまま、アスフアルトの上を踏んで行つた。雨はかなり烈しかつた。彼は水沫しぶきの満ちた中にゴム引の外套の匂を感じた。 すると目の前の架空線が一本、紫いろの火花を発してゐた。彼は妙に感動した。彼の上着のポケツトは彼等の同人雑…


 

プライバシーポリシー / お問い合わせフォーム
©2019 キリンノックス