教師の仕事は4月が辛い【新学期キツい】




今日は私の本職(?)。教師について書きます。

私は、つい、先生や、勉強の事を書くと真面目になってしまいます。(フザケられない)


私は、非正規で、学校現場でも働いております。(他、塾などでも勤務)

非正規なので、偉そうな事言うな。ってなっちゃうんですが。書きたいので書かせてください。(本当に正規職員の方には頭が下がります)

 


ぁ。今、学校で書いていますw

 

 

私の知り合いにももちろん、先生の方が多いですし、親戚にも先生として働いている人がいます。

そんな私が、今日感じているのは。

 

「教師の仕事は4月(新学期)がキツイ。」


私は人見知りです。

そして緊張しい。です。*1

そんな先生いるんですか?ってなりますが。


います。(私)


そして、4月。新しい子供たちに出会います。

正直、キツイ。

1度に1人の人と初対面するのも、私は結構緊張し、疲れます。

それが、一度に何十人と初対面するのです。

そりゃ、何十倍と疲れます。

体感的にはいつもの5倍くらい疲れます。

 

5倍の疲れの4月。

4倍の疲れの5月。

3倍の疲れの6月。

 

だんだん生徒達との関係性が出来てきて、疲れなくなってきます。

 


教師というのは、そもそも、「やりがい」と、「キツさ」の振れ幅が著しい職だと思います。

私は、授業が上手くいき、生徒との関係も良い。同僚との雰囲気も良いとき。
「こんな良い職業ないよな。マジ楽しいわ。恵まれてんなーおれ。楽勝だな!おれ最強だな!人生楽しい。」
っとなっていますが。


授業が上手く行かず、生徒との関係も悪い。同僚との雰囲気も悪いときは
「最悪だ・・・やめたい・・・なんで教師になんかなった・・・学校行きたくねぇ。授業したくねぇ・・・おれ向いてない・・・しにてぇ・・・・」
っとなって、毎日震えて、吐きそうになって、腹痛を催している。


これを、1年の中で両方体感します。

いや、1日の中で体感するときもあります。

最高に恐ろしい職業です。

 


一説によると、教師のストレスは、戦争中の兵士並。らしいです。

上記の、振れ幅の絶望時、いつ撃たれて死ぬかわからない状態と同じレベルのストレス。

よくわかります。


そりゃ、メンタルおかしくなりますわな。


全国の先生方のお気持ち、お察し。

自分の気持ち、お察し。

 


とにかく、私が言いたいことは「4月はキツイよ。みんな、同業の方、いや、もう同業じゃない人も!!4月はキツイよね!がんばろうね・・・」
という、自分を励ますために今、記事を書いているんです。

 

もう、今、ストレスで錯乱状態なので、

4月の仕事がきつすぎて、メンタルやばくて、死にそうになったときの対処法を書いておきます。

 

 


諦める

f:id:kirinnox:20190418202447j:plain

諦めるというのは、人生を諦めるわけではありません。

「良い授業をしたい。生徒たちと良い関係を作りたい。」というのを諦めます。

高い理想を持っている人ほど、4月に鬱になるはずです。私がそうだからです。

 


だから、それを諦めます。

どんなに一生懸命準備してもクソ授業になってしまうときもあります。

(私は、生徒たちが騒ぎすぎて収集不可能なうるさい崩壊授業と、
生徒全員寝る勢いのシーンとしている葬式みたいな授業、どちらもなってしまう事があります(何度も!)。その度に、メンタルがやられます。)

 


自己嫌悪に陥ります。

もう、ダメだ・・・。泣きそうになりがなら教室を去ります。

もう二度と行きたくねぇあの教室。確かにおれが悪いんだけどさぁ!!でも、無理だろ!!あいつら!!

そう思うこともあります。

 


でも諦めます。

大丈夫。

「授業をした」という事実だけでも、立派だと思います。

それが仕事なのですから。

「授業をする」のがまず仕事であって、「良い授業をする」というのは余力があったらする事です。

 

こんな事をいうと、いろんな人から「そういう教師がダメ教師」とか言われそうですが、逆にうまくやろうとすればするほど、うまくいきません。

 

良い授業をしようとすればするほど、から回ります。

うまくいかない授業がいきなり、次の日良くなるって事はあんまりないです。

私は、大体1年くらいかけて、「だんだん、良くなってきたな」っという感覚です。


4月で自分のメンタルが倒れてしまってはダメだ。


授業をこなそう。

良い授業をしたい。ずっと毎日そう思って授業をしておりますが。


しかし、倒れそうになったら一旦諦めます。


諦めて、授業をこなします。

「授業をする」のが仕事だと割り切れば、クソ授業になってしまっても、授業時間が潰せれば問題ないです。

 

そう思わなければ、私のような軟弱者は、4月を乗り切れません。


そして、もう一つ、生徒との良い関係を築きたい。

まぁ全教師が思っていることだと思います。

しかし、そんな上手くは行きません。無理です。

 

絶対に嫌われます。

誰かは私を死ぬほど嫌います。

諦めましょう。

全員に好かれる人間なんていない。

教師の仕事は「嫌われること」と言っても過言ではないと思っています。

 

 

開き直ります。

生徒との信頼関係??良い授業??知るか!! と一旦、諦めます。

 

こんな事を言うのは怖いです。

クソ教師の見本ですからね。

教員以外の人からみたら「そんな人は教師やめろ」と言われるでしょう。


でも、4月が乗り切れなかったら、クソ教師ですらなくなってしまう。


教育への情熱があっても、燃え尽きて灰になってしまいそうな人にこの文書をおくります。


私に。

 

 

 

 

 

*1:緊張してしまう人へ・・・ 

www.kirinnox.com

 

 

 


 

プライバシーポリシー / お問い合わせフォーム
©2019 キリンノックス