私の生い立ち、不登校、大学デビュー、ニートの焦燥、結婚、教師




今週のお題「平成を振り返る」

 

はてなブログのお題。「平成を振り返る」

平成2年に生まれた私が、平成を振り返るということは、人生を振り返れということになります

 

 

幼稚園時代

f:id:kirinnox:20190419184027j:plain

登園拒否。この頃から既に、社会不適合のサラブレッドかよ・・・

じゃぁ、幼稚園に入る前にすでに何かを間違ったということなんだろうか。

 

上履きを、下足に履き替えずに帰って来てしまったとき「やっちゃったーーーー人生終わりだーーーーー」っと思ったのを覚えている。意味わからん。

つまり、小さいことを気にしすぎる性格はすでに3歳で形成されていたわけですね・・・

気にしすぎる性格。生きづらいです。

 

頭だけは良かったと思う。

幼稚園時代からテレビゲーム、このころはスーファミヨッシーアイランドとドンキー2やりまくっていた。*1

朝5時に起きてゲームやっていた。

あの朝の静寂の中でゲームをやるのは最高に楽しかった。

 

 

 

 

小学校時代

f:id:kirinnox:20190419190908j:plain

低学年時の記憶が全く無い。多分友達もいなかったと思う。よく覚えていない。

そもそも学校行ってたか?

小学4年5年はほとんど行っていなかったのを覚えている。不登校だ。

いじめられたとかではない。

ただ、なんとなく行きたくなくて、一生懸命仮病を装っていた。

 

今くらい不登校に理解があり、不登校に寛容な世の中だったら、あんなに何年も仮病を演技する苦痛を味合わなくてすんだろうに・・・

www.kirinnox.com

 

時間も無駄にしたし、精神もすり減った。

小6もほぼ行かなかった。

学校のトイレに行くのが嫌すぎて、漏らしまくっていた。(トイレに行くのが嫌だった理由は思い出せない)

 

 

 

中学校時代

f:id:kirinnox:20190419191055j:plain
中1、中2と、半分不登校
だった。

勉強だけはできた。独りで教科書を読んでいたから。

記憶があまりない。多分学校行かずにゲームやっていたとおもう。*2

相変わらず、仮病に多大な時間を費やした。

母に無理やりボーイスカウトに入れられた。不登校やってないで外に出ろ。ということで、なんとか社会復帰させたかったのだろう。

めちゃくちゃ嫌だった。

なんで、インドア派で学校にも行きたくないのに、キャンプなんか行かにゃならんのだ・・・鬱になった。

 

ゲームは友達だった。

 

しかし、中3で私は学校に行き始めた。

 

学校に行かなくなった理由もよくわからなければ、行き始めた理由もよくわからない。

ただ、友達が出来たのが大きかったのかもしれない。

スクールカースト下位のオタク、ギークに所属することができたのだ。

 

毎日、彼らとゲームや麻雀、トランプ、デュエルマスターズをして遊んだ。

 

クラスには、不良や、気が合わないリア充もいたが、あまり気にしなかった。

 

 

 

 

高校時代

f:id:kirinnox:20190419191115j:plain

なんと、普通に学校に通えるようになった。

別に学校は好きじゃなかったが、嫌いでもなかった。

中学校不登校だったが、テストの点数だけは良かったため、進学校の成績上位クラスに入った。

 

不良はいなかった。正直、私はかなり助かっていた。中学と違い、成績上位クラスのクラスメイト達は、頭が良く、気が合った。馬鹿な事をする人も少なかった。

 

気弱な私でも、それなりに馴染む事ができた。

周りは今思うと、みんないろいろすごかった。スポーツが得意だったり、アーティスティックだったり、面白かったり。学園祭も、それに紛れて、なんか、リア充みたいな気分を味わう事ができたし、なんか、彼女も出来た。

 

私は、というと、何の取り柄もなかった。

相変わらずオタク集団に属し、麻雀に明け暮れ、モンハン、ゲーム。ひたすらやっていた。

しかし。

成績だけは良かった。(数学のテストで1人だけ満点だった。)(あ、理科の模試も満点で偏差値70位上でした)(自慢ですw)

 

しかし、勉強が出来る、だけで、特に何も取り柄はなかった。*3

今考えれば、ほんと、薄っぺらい人間でした。精神も子供のまま。*4

 

 

 

 

 

 大学時代

f:id:kirinnox:20190419191134j:plain

自分の実力よりも、下の大学に入った。

挑戦するのが怖かったからだ。

あと、東京に行きたくなかった。

担任には、「東京の上位の大学いきなさい。」と言われたが、東京が嫌いだった私は、全力で拒否した。*5

地元の大学にトップで合格した。(別にすごいという事ではない。ある意味、私は、唯一の武器である学力(学歴?)を捨てたようなものだ)

 

そんな根暗な私も、多少大学デビューをした。(高校時代の彼女にはフラレていたw)(原因は私の精神がガキ過ぎたせい)

 

高3から始めたギターとベースをもっとやりたいと思い、バンドサークルに。

 

朝から晩までギター、ベース、ドラムに明け暮れた。

 

気の合う友達もでき、気の合う後輩もでき、バンド、ゲーム、ひたすら明け暮れ。

 

勉強した記憶がない。

 

恋愛面では、彼女が出来たり、別れたり、出来たり、フラレたりした。*6

正直、全然リア充みたいな感じではなかったおれに、彼女が出来たのは結構奇跡的だったと思う。

 

私は、全然リア充みたいな感じではなかった。

バンドはやってはいたが、根暗は健在だった。

 

ただ、好きな音楽や、ゲームをやっていたかった。*7

 

恋愛面でみれば、私は、チャラくないのが強みだと思っていたほどだ。

チャラい奴らを軽蔑していた。

大学4年の時に今の嫁と付き合い始めた。

 

 

しかし、あぁ、あの頃は楽しかった。

永遠に、友達とつるんで、朝まで、友達のアパートにたむろって、ギターを弾いて、ライブでステージからダイブして、麻雀して

こんな生活が続けばいいと思っていた。漫画「ソラニン」みたいな空気感だった。*8

 

 

しかし、終わりは来るんだよな・・・

 

 

 

 

大学卒業 ~ ニート時代

f:id:kirinnox:20190419191152j:plain
一応教師志望だったが、試験に落ちたりして、他にも企業を適当に受けたりして、まぁ案の定落ちたりして、私はニートになった。(あんまり就職する気がなかった) 

 

 彼女(現嫁)が、年下で、まだ大学生だったため、一緒に大学生の気分で遊んでいたw

 

今思えば、最高にクズだと思う。

書いてて、あらためて、クズだな!すごいな!

 

彼女(現嫁)のアパートで1日中ゴロゴロしながら、映画見て、ゲームして、彼女とラーメン食いに行って、ドライブしたりして。

すごい!ヒモだな!クズだな!すごいな!

 

大学生が忘れられなかったのだね。

でも、やっぱ、違うんだよね。大学生と、大学卒業したニートじゃ。違うんだよ。

 

バンドのサークルにも顔出したりしてたけど、やっぱ、後輩に「まだいるよ・・・」って感じのね、いや、そんな空気はなかったけど、勝手に私は被害妄想で感じてたし、

やっぱ、大学生がいるべき場所にいるのがおかしいなってなってた。

 

それでも、なんか、社会人にスムーズになるのが無理だった。

 

このぐーたら生活、なんとなく居心地が良くて。でも、貯金も減ってくし、奨学金の返済が始まるまでになんとかしないといけない。

 

焦燥

 

焦燥を頭から追い出して、彼女のアパートでゴロゴロ。

 

なんとなく苦しかった。

 

本当はすごく苦しかった。

 

人生に対する焦燥がすごかった。

 

日々は流れていく。

 

 

 

 

現在

f:id:kirinnox:20190414222043j:plain一応働いている。

 

学校、塾、家庭教師。

雇われであり、個人事業でありだ。*9

 

一昨年、結婚した。*10

 

現嫁と結婚できた事は、本当に良かった。

 

謎の焦燥は残っている。

 

私は、人生に焦燥を感じている。

 

なんとなく、このままじゃダメなような気がする。

 

しかし、今の生活は、それなりに心地が良い。

 

こうやってブログ書いてるのも楽しいし。

 

 

 

 

 

*1:幼稚園からスーファミ

www.kirinnox.com

 

*2:この頃(中学)はPS2かなぁ

www.kirinnox.com

 

*3:頭の良さより、重要な事がある。 

www.kirinnox.com

 

*4:精神って大人になってもあんまり変わらないのね

www.kirinnox.com

 

*5:東京は今でも嫌いです

www.kirinnox.com

 

*6:フラれた理由はこちらの記事に・・・

www.kirinnox.com

 

*7:この頃(大学)はPSP!!w

www.kirinnox.com

 

*8:ソラニンの空気感、自分と重なる

www.kirinnox.com

 

*9:今も悩みもあるよ

www.kirinnox.com

 

*10:嫁には感謝してます

www.kirinnox.com

 

 

 


 

プライバシーポリシー / お問い合わせフォーム
©2019 キリンノックス