キリンノックスの日記


キリンノックスのブログ

介護はキツイ。死はいつか訪れる。延命の意味とはなんだろう。




f:id:kirinnox:20191211215615j:plain

 

ネガティブなこと書くよ気をつけて

 

 

ネガティブだよ。

 

 

一節によると、ネガティブな文章読むと、脳にダメージ入るらしいですよ。

 

 

だから、読まなくても良いですよ。

そういう人は、ブラウザバックで、良いお年を。 ノシ

 

 

ノシとか久しぶりに打鍵したわwww

 

 

本題です。

 

 

介護するとネガティブになる。

 

 

多分だが、介護すると、老いる。

逆に子育てをすると若返るように感じている。

 

 

おれはどちらも本格的にしたことは無い。

しかし、今日、どちらも体験した。

親戚の子供が来て、一緒に遊んで、夜は祖母をトイレに連れていって、飯を食わせた。

 

 

話は脱線するけど、今の2歳児はYoutube見てんのねww

スワイプめっちゃ使いこなしてる。

LINEの通知一瞬でスワイプして消せるww

時代の移り変わりだわ。

 

 

祖母の方は、もうあまり長くない。

やせ細った足と、アンモニア臭。

もう、長くない。

 

 

ご飯を食べよう、と言っても「食べたくない」と言われる。

 

 

食べたくない。と言っている祖母を無理やり起こして、食べさせるのは、もはや延命措置に近いのではないかと思っている。

そうまでして、生きさせる意味はあるのだろうか。

本人も「生きていて困る」と言っている。

 

 

延命しても、先は見えている。

死が少し遠ざかるだけであり、その死までの余生も、あまり嬉しいものでは無いかもしれない。

本人も、周りも、辛い介護の中で生きる。

 

 

しかし、目の前の祖母を見ると、やはり、無条件に「生きて欲しい」という感情が湧いてきてしまい、食欲のない祖母に食べさせたくなってしまうのだ。

孫のおれでもそうなのだから、息子と娘(おれの親父とおばさん)はなお、祖母に生きて欲しいと願っていることだろう。

介護の姿勢をみていてもそれは感じられる。

 

 

延命措置、それ自体はしたくないし、自分にもして欲しくない。

おれもそう考えているし、そういう風に考えている人の気持ちは非常によく分かる。

しかし、死にそうな自分の血縁関係が目の前にいたとき、私たちの本能は、生きて欲しいと訴えかけてくるよ。

おれの親が死にそうになったとき、「 延命措置を施しますか?」と言われた時、「もう良いです。楽にしてやってください。」と言えるだろうか。

 

 

そして、延命措置が必要な状況に自分がなったとき。

「もういいよ、楽にしてください」と言えるだろうか。

それとも、管を繋いででも生かしてくれ。1秒でも延命してくれ!となるだろうか。

正直に言うとわからない。

今の気持ちで言えば、いさぎよくこの世を去りたいという気持ちだが、いざその時がきたとき、どう思うかはわからない。

 

 

おれは、毎日毎日、死について考えながら生きています。

毎日毎日。死を考えて生きるのは疲れる。

毎日毎日。死を考えて生きるのは間違っているのかもしれない。

毎日毎日。死を見据えるのはほどほどにしなければならない。

 

 

メメント・モリのやり過ぎは、健康に悪い。

www.kirinnox.com

 

 

 

それでも、おれは考えずにはいられない。

祖母の死に、耐えられるだろうか。

父の死に、耐えられるだろうか。

妻の死に、耐えられるだろうか。

www.kirinnox.com

 

 

 

きっと辛い。

人生は死へと向かっている。

じゃぁなんで生きているのか。

 

 

わからないけども、終わりは必ずくる。

そこまでの過程にこそ幸せはある。

いや、人生の過程の中にしか、幸せは存在しない。

 

 

 


 

プライバシーポリシー / お問い合わせフォーム
©2019 キリンノックス