20190526114501 20190526114501

旅の最中に、車が側溝に落ちた話




f:id:kirinnox:20190705105204j:plain

 

あれは2012年。冬。1月3日だった。

 

 

私は、卒業まであと3ヶ月の大学4年生(22歳)で、就職も決まっておらず、卒論に追われ、理系の卒論と人生のキツさに辟易していた。

そんな、大学生活最後の冬休み。年末。12月28日。

私は、全てから逃げるように車で山梨の実家を飛び出し、下道を通って、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、兵庫、鳥取、島根、山口を通って、福岡まで行くという旅に出た。

 

 

荒んだ心の大学4年生の荒んだ旅の話は割愛します。(今度詳しく記事にしたいと思います。)

金がなかったから全部車中泊だった。

寝てて起きたら車が雪に埋まってて死ぬかと思ったときもあった。

そんな旅のクライマックスは、車が溝に落っこちるという最悪なものだった。

 

 

福井県

f:id:kirinnox:20190707172104j:plain

 

3日かけて、九州の福岡まで行き、3日かけて山口、島根、鳥取、兵庫、京都、福井。と戻ってきたところだった。

1月3日の福井県は雪だった。

私は、日本海側の、見たこともない雪の量にビビっていた。

 

 

私の住む山梨県はほとんど雪が降らない。

恐らく周りを山に囲まれているため、ガードされているんだろう。

台風などでも、大きな被害が出ることは少ないのだ。

 

 

私は独りで東尋坊を見た。

正月。

周りは全員、複数人連れの観光客で、旅の疲れでよれよれの私が、独りで東尋坊の岩の上に立っていると、まさに「思いつめている人」だった。

 

 

それでも、大学4年のときの私は、なんか吹っ切れていた。

死ぬ気は毛頭なかった。

未来は見えなかったが、22歳という若さもあったし、よくわからんエネルギーもあった。

今と同じで、どす黒い何かは、心の中に渦巻いていたが、現世を諦めるほど、悲観的でもなかった。

 

 

当時、今の嫁とは知り合ってはいたが、付き合ってはいなかった。

私が、彼女と付き合い出したのは、この旅の3週間後の1月25日だった。

 

 


夜、雪の深い田んぼ道

f:id:kirinnox:20190705135425j:plain

 

東尋坊を見て、日も暮れて夜になった。

今日もどこかで車中泊しなければならない。

 

 

あと、何日で山梨に帰ろうか・・・

日程も決めずに出てきたので、いつでも帰れるが、福井県から山梨まで、下道で帰ったら10時間くらいかかるだろう・・・

 

 

とにかく、車を泊めて寝れる場所、道の駅を探さなければ。

 


私は、辺りに何もない、田んぼ道を走っていた。

道幅は一車線で、雪は20cmほどつもり、いつからあるのかわからない「わだち」が、私の前に2本筋を描いていた。

 

 

私は、わたちをたどり、何分か走った。

道の駅はどこだ・・・疲れた。

旅は7日目になろうとしていた。

 

 

雪道だったので、比較的ゆっくり走っていた私は、わだちが3本ある事に気付いた。

3本のわだちは、ライトで照らした前方の雪に、くっきりと3本の黒い線を一点透視図法のように描いていた。

 

 

気付くと私は、3本あるわだちの右側の2本をなぞっていたのだ。

こりゃいかん、これでは、反対車線を逆走しているじゃないか。

私は、誰もいない田んぼ道のど真ん中で、律儀にもウインカーを出し、スーっと車線変更した。

 

 

その瞬間

 

 

ガガガガガガガガッッ

「うわーーーーーーーーーーーーーーーーっ」

 

 

車は予想を裏切り、斜めになり、胴体着陸し、止まった。

 

 

3本あったわだちの、一番左は側溝だった・・・

私は、律儀にウインカーを出しながら、側溝にスッとハンドルを切って入って行ったのだった・・・

 

 

少しの間、放心状態だったが、

車を降りて状況を確認。

綺麗にタイヤがハマっている。

とても自力で脱出は無理そうだ。 

 

 

※実際の写真

f:id:kirinnox:20190707194103j:plain

 

 

加入している自動車保険会社に電話する。

事情を説明し、ロードサービスが来てくれる事になった。

 

 

私は、斜めになった車の中に入って暖をとっていた

人生が、詰みかけて、「もうダメだ。」と思って出た旅。

そして、その旅も、もうダメになりそうだった。

 

 

もうダメだ。

 

 

全てが不甲斐なくて、涙が出そうだった。 

 

 

私の動けなくなった車道を完全に塞いでいたが、1月3日の、夜の福井のたんぼ道など、誰も通りはしなかった。

今頃、みんな、実家でこたつに入って、テレビでも見てるか、寝てるかだ。

こんな事やっているのは、おれだけなんだよ・・・

 

 

遠くから明かりが近づいてくる。

ロードサービスのでかい車だ。

中から、ガタイの良い体育会系の兄ちゃんが降りてくる。

 

 

「ありゃーこれは、クレーンじゃないとダメかもしれんぞ、兄ちゃん、金持ってるかい。クレーン呼ぶには追加料金が必要なんだ。」

 

 

金はなかった。

八方塞がりの大学4年のおれは、財布の中にも、口座の中にも、金はなかった。

 

 

「一応やってみるがね、上がんなかったらクレーン呼ぶぞ」

そういって、兄ちゃんは私の車にロープをつないだ。

 

 

引っ張ってもらうと、少しずつ車は道に上がった。

 

 

「がはは、良かったなぁ!」

そう言ってくれた福井の体育会系のでかい手と握手をした。

 

 

私は、さっきとは違う涙が出そうだった。

 

 

車は問題なく走った。

 

 

その日は、道の駅で寝て、次の日、山梨に帰った。

実家のベッドは、足を思い切り伸ばす事ができ、私は7日ぶりに熟睡した。

私の人生で一番長い旅だった。

自分の中で、確かに、何かが変わったような気がするのだけれども、何が変わったのか、未だにわからない。

 

 

関連記事

www.kirinnox.com

 

 


 

プライバシーポリシー / お問い合わせフォーム
©2019 キリンノックス