キリンノックスの日記

先輩「真面目に生きてれば絶対に大丈夫だから。」




f:id:kirinnox:20190925183424p:plain

 

「真面目に生きてれば絶対に大丈夫だから。」

この言葉は私にとって、思い出深い言葉だ。

私が大学生の頃、先輩に言われた言葉。

 

 

その頃。

私は、真面目過ぎて悩んでいた。

真面目は損なのか?

正直者は馬鹿を見るのか?

クソ真面目に生きていた今までの人生に意味なんかなくて、不真面目にヘラヘラ生きてきた奴らが成功する世界なのか?

恋愛でも、仕事でも、なんでも、真面目なヤツより、勢いのある声の大きいだけの人が勝つのか・・・

そう思って苦しんでいた。 

 

 

先輩

f:id:kirinnox:20190925181613j:plain

私はなぜか、目上の人と仲良くなれない。

友達は同級生と後輩が圧倒的に多いような人間だ。

しかも、その先輩大学生(30)だったw

しかし、なぜか気が合って先輩の家にはよくお邪魔してボードゲームとかやっていた。

多分、私は先輩のおとなしい真面目な雰囲気が好きだったんだと思う。

 

 

その先輩と飲みに言った帰りに、私は「真面目に生きてて意味あるんですかね?」みたいな弱音を吐いた。

ずっと喉につっかえている魚の骨みたいな問いだった。

 

 

先輩も結構酔っていた

「キリンノックス大丈夫だ!真面目に生きてれば絶対に大丈夫だ!もうね、真面目に生きてれば絶対!絶対!大丈夫だから!」

っと言ってくれた。

力強い言葉だった。

私は、泣いた。

涙が出てきて止まらなかった。

 

 

何年かあと。

私はその言葉を別の後輩に言った。

私が勇気づけられた言葉誰かを勇気付けたかったからだ。

その後輩は、今でも私の事を慕ってくれている。

 

 

しかし、今。私は考え方が変わった。

この記事に書いた通りだ。

www.kirinnox.com

 

真面目なだけではダメだ。

世の中そんなに、優しくない。

勇気や主体性を欠いた「バカ真面目なだけ」ではダメだ。

真面目な人は負ける。

 

粗野な人種は人生でいつも勝ちどきをあげる。繊細な人種はいつも負ける。負けて負けて負けつづける。これは、もう人類の歴史始まって以来の不動の法則だ。

中島義道カイン―自分の「弱さ」に悩むきみへ (新潮文庫)

 

「真面目に生きてれば絶対に大丈夫だ。」

その言葉を言われた時は、確かに私は勇気付けられた。

しかし、このような言葉はただ真面目であることを助長する。

 

 

自分が真面目であることに不満があるなら、真面目に生きるなんて辞めたほうが良い。

真面目に生きた人がバカを見る様なんか見たくない。

 

 

打算の真面目本当の真面目なのか?

先生に怒られないために真面目に生きているのか?

トラブルが起きないために、真面目に生きているのか?

自分の評価を上げるために真面目に生きているのか?

報われるために、真面目に生きてるのか?

 

 

真面目に生きなければ、嫌だから。

真面目に生きなければ、気持ち悪いから。

真面目に誠実に生きなければ後悔してしまう気がするから。

ただ、真面目に生きたいから真面目に生きる。

それで負けても、後悔はしない。

 

 

www.kirinnox.com

www.kirinnox.com

www.kirinnox.com

 


 

プライバシーポリシー / お問い合わせフォーム
©2019 キリンノックス