【ブログ】文章には「書き手と読み手の相性」がある【本】




f:id:kirinnox:20190707201615j:plain

 

こんちは。キリン系ブロガーのキリンノックスです。

 

私は、以前までは、あまりブログというものを読まなかったのですが、4ヶ月前にブログを始めたことによって人のブログをめっちゃ読むようになりました。

自分が書いてると、人のブログも気になるからw

 

 

非常にいろいろな文章を読ませていただいて、いろいろ感じました。

 

 

書く側 と 読む側 の相性がある。

f:id:kirinnox:20190707202928p:plain

私は、私の主観しかわからないけれど

  • こりゃ面白い!笑える!という文章。
  • 読みやすくてスラスラ読める文章
  • 論理的な文章
  • 文学的な素晴らしい文章
  • 発想が天才的な文章

 

という文章に出会います。

そんなブログはどんどん読んでしまって、最終的には、全記事目を通していた。なんてこともあります。

 

かたや

 

  • なぜか、文章が全く脳に入ってこない。
  • 何を言ってるかわからない。
  • 意味の薄いような文が長く、多く。見た瞬間に、読めない・・・と思う。
  • 下品すぎる。

 

と思うブログもあるわけです。

では、そういうブログは、人気が無いかというと、そんな事はなくて、逆に人気があったりする。

なんでそこまで人気なんだ!?よくわからない。

と思うけれども、しかし、どうやらわからないのは私だけらしい。

 

 

 

私が「ちょっとな・・・」と思ったブログも、みんなが絶賛していたり、PVが多かったり、評価されていたりする。

逆に私が「良い」と思ったブログも、読者が少なかったり、あまり評価されていないブログもある。

「もっと評価されるべき!」っと思ったりもしますが、「私だけだろうか、良いと思っているのは・・・」と思ったりもする。

 

 

現実で人間と人間に相性があるように、ブログを書く人と、それを読む人に相性がある。と感じる。

これは、ブログに限らず、本も同じだな。と思った。

スラスラ読めて、買ったその日に一冊読み切ってしまう本もあれば、何年も本棚に眠っていて、ふと思い出した時に読んでみようとするけど、2,3ページ読んで、また本棚に戻す。そんな本もある。

 

 

私の文章

f:id:kirinnox:20190707201959j:plain


今これを書いている私と、今これを読んでいるあなたにも相性があると思われる。

まぁ、もはや、ココまで読んでくれたあなたは、私と相性が良い(少なくとも悪くはない)と思うので、どうぞこれからもよろしく

 

 

自分の文章が堅苦しい事は自覚している。

私は論理が好きで、嘘が付けず、私が「思ったこと」「事実」分けて書きたいと思っている。

私が思ったことは「◯◯だと思います。」と書かないと気が済まない。

それは、おれが思っているだけで、事実ではないかもしれないから。

そんなこと、誰も気にしてないと思うけど、私が気になる。

 

 

あと

 

 

超どうでも良いけど。

 

 

一人称が・・・定まっていないw

 

 

ちょっと話が脱線しましたが、とにかく、言いたいことは、文章を読むというのは、書き手と読み手の対話なのだと。

一方的かもしれないけど、対話みたいなものだと思う。

リアルタイムではないが、そこには、相性が存在するのではないか。

ということに、ブログを開設して「書く側」を経験して気付いたのです。

 

 

書き手側の視点としては、ブログを書いてる分には、好きなように書くべきだと思います。

きっと、1行読んで去って行く人もいるかもしれないけど、たまたま相性があって読んでくれる人がいるかもしれない。

 

 

って、何度も何度も同じことブログで言っているんですがw

書きたいことを、おれが書く。

読みたい人がそれを読む。

それで良い。

相性が良い人も悪い人もいるんだから、相性が良い人に読んでもらうために、素の自分をさらけ出して、媚びず、繕わず、ありのままで書こう。

と思いましたあ。

 

 

逆に読む側の視点としては、「なんか、この文章合わないな・・・」と感じたら、無理して読む必要はないと感じています。

ネットには、星の数ほどサイトがありますので、自分の読みやすい文章でインプットしていけば良いと思います。

 

 

本も同じで、「どうも読みにくい」という本は、無理して読まずに、自分と相性の合う本に出会うのが、読書も楽しくなるし、効率も良くなる。

そう思いました。

 

 

をわり。

 



 

プライバシーポリシー / お問い合わせフォーム
©2019 キリンノックス