20190526114501 20190526114501

私がドンキーコング2に対する愛をひたすら書いただけの誰得記事【DK2】




こちら私が昔やった名作ゲーム紹介しようと思ったけど、気づいたらドンキーコング2しか語っていなかった誰得な記事となっております。

 

以下本文 

 

 

 

 


(現在28歳)が幼稚園、小学生時代にやった(最近もたまにやるけど)スーファミのゲーム(名作)を紹介します。

 

私は幼稚園からテレビゲーム大好きっ子でした。

小学生になると、朝5時に起き、学校に行くまでゲーム三昧。

 

最終的には不登校になり、ゲーム三昧でしたw

 

そんな私が、ただ、懐かしい気持ちになりたいだけの、自己満の記事になっております。

もし、ドンピシャで同じ趣味の人がいたら、一緒に懐かしい気持ちになりましょう。

 

 


まず1つ目

 

ドンキーコング1、2、3

https://amzn.to/2uSnygf


このゲーム難易度が秀逸

私がゲーム全盛期だった、高校時代にやっても、何度も死にます。

 

すげぇむずい。

 

小学校の頃は、とても最後までプレイできませんでした。


しかし、その難しさゆえ、ハマります。


ずっとやってた。

 

そして、

 

 

世界観が

 

神がかってる。

 


1も2も3も良いのですが、私は特に2が好きです。


全ての面の世界観(背景)が良い。音楽が良い。

 

たまらん。。


やったことない人やった方が良い。

マジでやって欲しい。

うん。ごめん。

 


1-1 パイレーツパニック

f:id:kirinnox:20190411172624j:plain

引用元:https://www.nintendo.co.jp/titles/20010000006648

 パイレーツパニック。なんて語呂が良いんだ・・・略すとパイパニ、◯◯DVDにありそうな名称だが、1-1からめっちゃいい面だ。
ドンキーコング2の敵は、海賊をイメージしているので、海賊船だ。

 

おくびょうもののコングファミリーへ

「ドジでまぬけな、ドンキーコングはつかまえた。かえしてほしけりゃバナナよこせ。ワッハッハッ」

キャプテンクルールより

 

ここから、私の冒険は始まるのだ。グラフィックが綺麗。

だって、あの最初の部屋。

多分10秒もいない。いや、多分5秒。

なのに、細かく作り込まれている。キャプテンクルールがいたであろう部屋。

小学生の私の脳みそにあの部屋、そしてあの部屋の雰囲気は刻み込まれた。

 

 

 

2-2 メインマストクライシス。

メインマストクライシスって響きやべぇ。面の名前がすでにやばい。

そして、マストを登って行く。

え??マストを登っていく?どんだけ、マスト高いの。発想が神。

登っても登っても、マストが続きます。ロマン。

 


1-3 アスレチックデッキ

これまた、面の名前が良いですね。

なんでこんなセンスが良いのでしょう。

そして、この面、1-1と背景は同じなのですが、面が進むと太陽が沈んでいって夕日になります。

なにこれ、めっちゃロマン。綺麗過ぎる。

背景に見とれてゲームなんか出来ねぇ。

と思ったけど体が覚えてるので、背景見とれながらプレイできるわ。

なんて良い面なんでしょう。

 

 

1-4 船ぞこダイビング

え。語呂が良すぎる。

わかった・・・ドンキーコング2の良さは、この語呂の良さもあるわ。

面の名前がもう、すごい好きだもん。

そして、はじめての水中ステージ

船底に潜りますが、どんだけ広いの???

ずっとずっと、船の底が続いています。

なんというロマン。

ロマンofロマン。

 


1-5 ラトリーとうじょう

小学生にとって、このラトリーというのは、非常に癖のある動きでして。

普通に難しかった。

後半でも出てくるのですが、本当に動きの癖が強い。

空中でもジャンプできるし、ロングジャンプはどれくらい溜めればいいのか、見極めがめっちゃ難しい。

敵を踏んだときあとの動きも難しい。

しかも、常にふわふわしてる。操作しづらいことこの上ない。

しかし、よく、そんなシステム作ったな。こんな。キャラ作ったな。というか、全てのアニマルフレンド、動きが独特すぎて、最高。

最高のゲーム

 

 


1-ボス 「たいせん!ボスゾッキー」

f:id:kirinnox:20190411173136j:plain

引用元:https://www.nintendo.co.jp/titles/20010000006648

 はじめてのボスです。

樽を当てて倒します。

踏んでもダメージを与えられないのですが、踏んで巣の上に昇っていくとバナナコインがあります。

そういうところも作り込まれています。

 

 

 


ステージ2 「マグマのどうくつ クロコドーム」

面のマップ画面がすでに良い。溶岩流れすぎ、ロマン。

なんで、洞窟の中に火山あんの。

どんだけ、洞窟広いの。

このスケールのデカさ。

作った人、デザインした人のスケールデカさを感じます。

すげぇ・・・

 

 

2-1 ようがんクロコジャンプ

f:id:kirinnox:20190411173217j:plain

引用元:https://www.nintendo.co.jp/titles/20010000006648

相変わらず語呂が良いですね。ワニを踏みながら進んで行きます。

この面の曲、なんて溶岩感がすごいのでしょうか。スーファミの音源でこのレベル。レベル高すぎる。

 

 

 

2-2 タルタルこうざん

なんとなく、タルタルソースを思い出す面ですね。

タイミングゲーで進んでいきます。

ここも、BGMが鉱山っぽすぎてすごい。なんでこんなに良いの曲。ヤバイでしょ。

 

 


2-3 しゃくねつダイビング

小学生の私、トラウマステージその1ですね。

アシカを踏まないと画面が真っ赤の灼熱になって死にます。

小学生の私に恐怖を植え付けた面

 

 


2-4 ねっききゅうライド

うーん難しい!

この気球の操作が最初まったくつかめなかった。

ついジャンプしたくなってどれだけ落ちたことか・・・

相変わらず難易度設定がめちゃくちゃ良いと言わざるをえない。

 

 


2-5 スコークスこうざん

敵の間をすり抜けて行くんですが、

敵の後ろから卵を打つと、すり抜ける必要なく楽に進めるということに気づいて楽勝ゲーと化した面。

こういうこともある。

あとスコークスめっちゃ好きです。

 

 

 


2-ボス 「げきとつ!ボス・クリーバー」

小学生の私、トラウマステージその2

まず、倒せない。

どうすんの。

ちょっと待ったりするのがポイントという、小学生には難しいところ。

目の前の敵に対して、待つ!ボタンを押さずに、何もせずに、一瞬待つ。

コレが10歳の少年にどれほど難しかったかは言うまでもない。

 

 

 

ステージ3 「船のはかば クレムクエイ」

ここのステージ。雰囲気が最高です。

まぁすべてのステージが最高なんですが。

湿地帯。

もう最高。

私はガマという植物がすごい好きなんですが、ドンキーコング2の影響であることは言うまでもありません。

暗い湿地帯とガマ。これだけで、最高の世界観が完成している。

ディズニーシーのですね。フライングフィッシュコースターという小さめのコースターのアトラクションにガマ(作り物ですが)が生えているんですね。

それを見るのが、ディズニーの楽しみの1つですよ私は。

ヤベーガマが好きすぎて写真選べないから

見つけたガマ画像、全部貼るね

 

f:id:kirinnox:20190411173647j:plainf:id:kirinnox:20190411173654j:plainf:id:kirinnox:20190411173733j:plain

f:id:kirinnox:20190411173706j:plain

f:id:kirinnox:20190411173717j:plain

f:id:kirinnox:20190411173707j:plain

f:id:kirinnox:20190411173716j:plain

f:id:kirinnox:20190411173727j:plain

 


3-1かいてんタルさんばし

ガマについてもう語り切ってしまったので、言うことはもうない。

ガマと雰囲気が良い・・・

メイプルストーリーのスリーピーウッドに似てる世界観かと思いますね。(またはスリーピーウッドに続くジャングル)

 

 


3-2 くらやみダイビング

あんこうが出てきます。

こういう、暗さ。ダークな雰囲気。好きです。

正直ドンキー2は全体的に世界が暗いんですが、その暗い世界が気持ちよすぎる。

 

 

 


3-3 どろどろクロコジャンプ

言い忘れた。

ガマにつかまる事ができるんですよ。

ガマにつかまって進んでいくんですよ。

普通、こんなにガマを大きくしようとは思わないでしょう。

デザインした人天才だわ・・・この謎にでかいスケール感が素晴らしい。引き込まれる世界観

 

 


3-4 ラトリーに大へんしん

また来ました。

癖のある動き「ラトリー」

しかも今度は、最初から最後まで、絶対にラトリーから離れられません。

自分がラトリーになってしまいますから。この面は、むずかった。

というか、どくどくタワーといい、ラトリーが絡むとむずくなるんですよね・・・

 

 

 


3-5 しずむナンパ船

トラウマステージその3

小学生にとって、迫り来る危機(回避不能)がどれだけ、緊迫感を与えるか。

いや、背景や世界観も相変わらず素晴らしい。

沈んでいく船。迫りくる海面。世界観は素晴らしいのですが、小学生のわたくし、世界観を楽しむ余裕はなく。

心臓をバクバクさせながらゲームしていたのを思い出します。

 

 


3-6 とげとげタルめいろ

もはや、素晴らしすぎて、語れない。

背景、BGM。

こんな世界があったら住みたいと、ずっと思っていた。今も思っている。


天空の城ラピュタを少し思い出します。

もはや、チープな言葉で語ると、この世界観を汚してしまうような気がするので何も言えません。

 

 


3-ボス 「げきしん!ボス・グラッバ」

このグラッバ、ロストワールドの入り口にいるクラッバとは兄弟?と勝手に思っていたが、真偽は不明。カッコイイ。

 

 

 


ステージ4 「はちみつパーク クレムランド」

世界観が良いです。

遠くに上がる花火。

巨大な蜂の巣。

不安定なコースター。物理的におかしいだろ、こんなコースター。ってレベルの建造物を作れるのが、想像の世界。ロマン

 

 

 


4-1 ハニーアドベンチャー

f:id:kirinnox:20190411174645g:plain

引用元:https://www.nintendo.co.jp/n02/shvc/p_adnj/index.html

 

蜂の巣の中に入るなんて、ロマン。

やっぱスケールがでけぇ。

猿が入れる蜂の巣ってどんなん?

蜂も猿並にでかいとは・・・

もしからしたら、この、「本来は小さいものを巨大にする」というスケール感が、ドンキーコングの世界を引き立てているのかもしれません。

 

 


4-2 どくろコースター

楽しい面でした。

 

 


4-3 スコークスライド

きました。とげとげタルめいろと同じ背景ですが、少し暗めです。
この背景、たまらん。少し暗いバージョンも良いですな。

 

 

 

 


4-4 コースターレース

3位の人を追い越しました。今自分は何位でしょう?

 

答え 3位

 

というトンチ問題を思い出す面。(3位を抜いたら3位なのは当たり前なんだけどね)

 

 

 


4-5 どろどろみどろがぬま

ガマ再び。特に言うことなし。

ステージ始まって戻るとDKコインとかあるという面。

小学生の頃は、ローリングジャンプを知らなくて、「なんで、こんな軌道にバナナ配置されてるんや・・・絶対ムリだ・・・」となっていた。

 

 


4-6 ランビといっしょ

トラウマステージその4

でけー蜂が追いかけてくる。

だから、この、迫り来る危険(対処不能)はビビるって

しかも、この面は、最もBGMが危機感を煽ってきます。

相変わらず、小学生の私は、心臓をバクバクさせながらプレイしていました。

 

 


4-7 ボスキングB

ドンキー1のボスはボスクイーンBなんですよね。

こういうの発見すると、楽しい気分になれます。

強かった。

スコークスの動きがかなり鍛えられた(というか、結構上手くならないと倒せない)

 

 

 


ステージ5 「あやしのもりダークレム」

相変わらず少しダークな世界観。

暗い!そこが良い。

霧で向こうが見通せない森。ゲームにはよくある雰囲気ですが、良い雰囲気です。

 

 

 

5-1 おばけロープのもり

f:id:kirinnox:20190411174802g:plain

引用元:https://www.nintendo.co.jp/n02/shvc/p_adnj/index.html

ロープが消える。

消える時の声が可愛らしくて好きだった。

 

 

 


5-2 ゴーストコースター

BGMが良い。

そして、むずい。

ってか、この追いかけてくるガシャドクロ。めっちゃカッコイイ・・・・

かっこよすぎる。

 

 

 

5-3 かぜのもり

風が吹いています。

ラトリーが出ます。

風に舞う木の葉は可憐です。(むずかった)

 

 

 


5-4 パラシュートパニック

小学生の私は「使いにくいコークスは捨てて、ポニーテールスピンで降りればいい」なんて考えは微塵もありませんでした。

そして、方向キー上を入れると、落下が少し遅くなるというのも、後で気付きました。
難しかった。

小学生には、あの、絶妙にコントロールしずらい動きは、かなり難しかった。

 

 


5-5 きりのもり

雰囲気がよかった。DKコイン取るのむずかった。

 

 


5-6 「ふっかつ!ボス・ゾッキー」

ドンキーのボスにしては、結構むずめ。

 

 

 


ワールド6 「山頂のとりで クロコブルグ」

塔をひたすら登って行く面が多いです。
この面、遠くにドンキーコング1の島が見えます。こういう小ネタ大好き。

 

 

 

 


6-1 こごえる地下すいろ

この面のBGM。なんて寒いんだ。

曲でこんなにも寒さを表現するなんて。センスの塊。

そして、滑る。

この癖のある動きを掴むのは、小学生には難しかった。

 

 

 


6-2 かぜのこうざん

やはり、癖のある動きをする。

上がって下がって。

もう、これでもかって、力いっぱい方向キーを入れた。

でも、やりすぎると、滑る。

滑って蜂に当たる。

でも、つい、方向キーに力が入ってしまう。そして、コントローラーが壊れる。そんな面。

 

 

 

 

6-3 クラッシュエレベーター

世界観とBGMが良かった。

エレベーターに挟まれて死んでいく敵。

カリオストロの城を思い出します。(時計)

 

 

 

 


6-4 こおりのみずうみ

相変わらず寒い面。

凍らせて、滑って。全力疾走で滑って↓押してすり抜けるのがむずかった。でもできると気持ちよかった。

 

 

 

 

6-5 くさりのとう

ディディーは鎖を登るのが速いけど、ディクシーは遅い。

おせえ!クソディクシーが!って小学生の頃なってた。

今は、ディクシー可愛いから許す。となっている。

 

 

 


6-6 どくどくタワー

トラウマ

2機残ってる状態で落ちると、即死せずに1機ずつ死んでいく。

1機残ってるのに、画面が緑に染まって、何も出来ずに死を待つ絶望感を小学生の私に植え付けた面

 

 

 

 


6-7 「さいかい!ドンキーコング

ドンキーの声、エヘヘッエヘヘッって聞こえる。(笑ってる?)

 

 

 

ワールド7 「空とぶせんかんデビルクルール」

面が2つしかない。

当時なんでやねん。って思ってたし、

今も少し思うが、世界観はGOOD。

雲の上に浮いている戦艦。最後の対決を予測させる。

 

 


7-1 スクリーチレース

この黒いやつがスクリーチか。カッコイイ・・・

速いし。かっこよかった。スクリーチが好きだった。

 

 


7-ボス 「けっせん!キャプテンクルール」

よく覚えてない。

なんか、消えたり、ラッパ銃で撃ちまくったりしてくる。

 

 

 


ロストワールド

この世界も独特。

ジャングルっぽい世界観。

そして、すべての面がめちゃくちゃむずい。

小学生の私にはクリア不可能でした。(最近になってクリアした。)

むずかった。

 

 

 

小学生の私は、アイスドームタンゴより先にはいけなかった。


詰んだ。

 

 

 

 

 

気づけば、6千字も書いていた。

 

 

私は何をやっているんだ。

 

 

最初は、スーファミヨッシーアイランドとか幽遊白書とかパネポンとか聖剣伝説3とかロックマンとか、いろいろ紹介してこう。

 

と思っていたのに、気づけばドンキー2しか語っていなかった。

 

語りきれない。

 

好き過ぎて、1つ1つの面について語りたくなってしまい。

 

この状況。

 

誰得記事と化した。

 

なんて凄まじいゲームなんだ。

 

ここまで読んでくれた方


いる??ww(いない)


いや、でも楽しかったです。嫁に語ってもドンキーコング・・・好きだね・・・(引きつった顔)」といつも言われるだけなので、私のドンキーコングへの愛をネットの海に垂れ流します。


ドンキーやった事がない人は今これで出来るから。是非やってみてください。

 
お読みいただきありがとうございました。ドンキーコング2が青春、キリンノックスでした。

 

 

関連記事

www.kirinnox.com

 

 

 

 


 

プライバシーポリシー / お問い合わせフォーム
©2019 キリンノックス