キリンノックスの日記


キリンノックスの日記

泣くのは絶対に我慢しないほうが良い、男だって涙を流して良いと思う。【感動の涙】




 

f:id:kirinnox:20190326134609j:plain

 

つい泣くのを我慢してしまったという経験はないでしょうか?

私も、男なので、つい泣くのを我慢してしまいますw

なんとなく恥ずかしいな。っと思っていたからです。

 

 

最近、私は昔より涙もろくなってしまいました。

映画とか見ているとついポロポロ

昔は卒業式でも泣かなかったのに。

どうも、歳を取るごとに涙もろくなっていくような気がします。

それは、自分自身の、辛かった思い出や、楽しかった思い出、頑張ったことが増えてきて、それが、おれに涙を流させるような気がしています。

 

っで、私は1人で部屋で映画を見てるような時はぜんぜん泣いちゃうんですが。

映画館で見ている時とか、隣に誰かいるときとか、つい、こらえてしまいます。

 

 

しかし、最近、どうしても涙を堪えられなくなって号泣する事があったのです。

 

 

 

彼の歌を聞いていたら、涙がとめどなく溢れた。

f:id:kirinnox:20190325232345j:plain

 

先日、友人のライブがありました。

 

彼の出番になり、彼が歌い出す。

彼は歌い続けた。

普通、バンドは曲の合間に喋ったりするのだが、彼は一切しゃべる事無く、自分の持ち時間を全て、歌う事に費やしたのだ。

 

 

彼は全力で歌い続けた。

全力で叫び続けた。

あれはロックだった。

 

 

彼の熱い歌を聞いて、私は泣きそうになっていた。

しかし、私はこらえていた。涙をこらえるのが癖になっていた。

 

 

彼と私は、仲が良かった。

大学時代、彼の家で朝まで語りあったり、バンドを組んだり、恋愛相談したり、励まし合ったり。

何年も一緒に苦楽を過ごした。

 

 

彼の歌を聞いて私はその事を走馬灯のように思い出していた。

彼の努力や、音楽への思いや、歩んできた道のりをよく知っていたから、私は彼の歌に耐えられなかった。

 

 

今回はとてもこらえきれなかった。

涙がボロボロと溢れた。

涙は1滴垂れると止まらない。

 

 

観客で泣いているのは私1人だった。

私1人で、とめどない涙を流していた。

 

 

ライブが終わって、私は泣いて良かったと思った。

涙を我慢して、さも、「感動?しなかったよ?」という顔をして、何事もなかったかのように家に帰るより、ずっと良かった。

 

 

号泣してダサくても、彼の歌に心を打たれて、号泣できてよかったと思った。

ライブが終わった後に私は彼に言った。

「歌が良かった。おれは泣いたよ」

 

 

彼は「やってよかった。」

と言った。

「ありがとう。おれの今までが、報われたよ。」

 

 

お礼を言いたいのは私の方だった。

涙を流させてくれてありがとうと思った。

 

 

多分、あそこで泣くのを我慢できていたら、そのままの流れで、「まぁよかったよ。」などと素直じゃない感想を言っていただろう。

 

 

涙を我慢しないでよかった。

涙を流して「お前の歌で感動した。最高だった。」そう言えて良かった。

 

 

「泣きそうになったが我慢したときの気持ち」と、「我慢せずにぼロボロ泣いたときの気持ち」は全然違う。

涙を流すのを我慢せずに泣いた数だけ、素直に生きれるような気がした。

 

 


 

プライバシーポリシー / お問い合わせフォーム
©2019 キリンノックス