キリンノックスの日記

ゴミ箱はブラックホール




さっき、ゴミ箱から「カサッ」っと音がした。

 

見てみると、500円玉が落ちている。

 

この500円、私が「カサッ」を聞かなかったらどうなっていたのだろうか。

 

 

私は普段、このゴミ箱から、ゴミ袋にゴミをガサッと入れる。

 

その時に私に気付かれれば晴れて救出という事になり、気づかなければゴミ袋の中に放り込まれる。

 

月水金のいずれかの朝、私はゴミ袋をゴミ捨て場に出す。

 

この時点で、ゴミ袋の中身に注意を払う事はほぼないので、救出される可能性はなくなり、私の手から離れる事になる。

 

ゴミ回収におにーちゃんが来て、ゴミ収集車に投げ込まれる


運が悪ければ、この時点で500円玉はグシャッといってしまい、原型を失うだろう。

 

しかし、運が良ければ、原型を保ったまま、ゴミ収集車の中に入り込む事ができるだろう。

そこから先は私にはわからなかったので、どうなるのか調べてみた。

f:id:kirinnox:20190402133555j:plain

 

 

 

なんか、ゴミ処理場に行って、分別されて、燃やさられるらしいっす。(適当)

 

 

ごめん、調べるのめんどくさくなった。

 

 


つまり、めんどくさいので、ゴミ収集車に投げ込まれた時点が、そのモノの人生の終わりという解釈で良いと私は思います。

 

つまり、ゴミ箱にものを間違って落っことした場合。ゴミ収集車に入るまでに救出できなければ、THE END

意外とあっけないですね。形のあるモノなんて、儚いものです。

 

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

以下の記事は余談です。

 

 

 

 

しかし、ここで気になるのは「私は、気づかずにゴミ箱に入って、処理されてしまった物体を認知できるのか。」という事だ。

 

私は以前書いたように、部屋に死ぬほど物がある。ミニマリストの逆、マキシマムリストである。

 

例えば、机の上から500円玉が消え、ゴミに混入し、そのまま処理されたとしても気が付かない。

 

私には大切な写真なんてものもなく、(あってもデータで保存)、大切な思い出の品もない。

 

 

嫁に婚約指輪(ダイヤモンド)を渡したあとも、「それ、結局、炭素の塊だから。シャーペンの芯と一緒だよ。燃やせば二酸化炭素だよ。」とかドライな事を言ってしまう。
(それでも、渡す時は感動的に渡しました)


部屋に沢山物があるからこそ、私は、ものに執着していません。

 

おそらく、部屋からモノの10個や20個、無くなっても気づかないでしょう。

 

無くなったとしても、金で買い戻せる物は、また買えばいいと思ってしまう。(この考え方、ミニマリストの方と一緒ですね)

 

私がたまにしている結婚指輪すらも(何回かなくなった事ありましたが)どっか行っても気にしません。

 

大切な物はなくしてから気づく。と良く言いますが

 

なくした事にすら気づかない私は、なんなんでしょう。

 

あ、でも、嫁がいなくなったら流石に気づくわ。

 

大切なものなんか、そんなに、いくつもないかもしれんな。

 

私が死ぬ時、私にとってのこの世界がすべてなくなる。その時、私は何を思うのでしょう。キリンノックスでした。

www.kirinnox.com

www.kirinnox.com

 

 

 

 

 

 

 


 

プライバシーポリシー / お問い合わせフォーム
©2019 キリンノックス