人はなぜ過去記事を読まないのか。その理由と対策。




人はなぜ、最新記事だけを読み、過去記事を読まないのでしょうか。

 

なぜ、このような事を思ったかというと、私の行動がまさにそうだからです。

 

ちょっと、気になるなー。って人のブログに行って、一番上の記事だけ読んで。あんまり、自分には合わないな。と思ったらそれまでだし。

 

でも、「あ!このブログ。おもしっろいわー」ってなっても、1記事読み終わると満足して閉じちゃうんですよね。

 

絶対、面白い記事埋もれてるのに。なんででしょうね!

 

私が、一生懸命記事を投稿しているのは、もはや、私の一生懸命書いた記事を、埋めている行為になってしまっています。

 


投稿すればするほど、1時間前、1日前、1週間前に書いた記事が埋まっていく。

 

 

時事ネタを扱ったブログであれば、過去に遡るほどネタが古くなって行くので、過去記事を読まないのもわかる。

 

しかし、書かれている内容が普遍的であったり、日常生活の雑記などであれば、今投稿されたものであろうと、1年前に投稿されたものであろうと、読者として受容する記事の質はさほどかわらないのに。

 


それなのに、やはり、最新記事を読みたくなるのは、作者の今が知りたいからなのでしょうか。

作者を人として認識し、今、この瞬間も、ネットの向こうにいるその人物が何かを考えて、文章を打ち込んでいる。

 

その息遣いを感じたいからなのかもしれないな。

 


しかし、読まれる側としては、「もっと面白い記事あるんだから昔の記事も読んでよーーーー!」「か、か、帰らないでーーー!」

が、本音というところだろう。

 

 

ライブやってる時にお客さんが帰ってしまう気分だ。(私はバンドマンです)

 

 

しかし、帰る客を引き止めるのは無理な話だ。

客からすれば「帰らないで。」とかいう言葉がつまらなすぎる。 

 


「帰ってほしくなければ、一発芸でもしてみろ。」「金でも配れや。」「面白い事言え。」「すごい事しろ。」「(ピーーー)出せ。」
っていうのが帰っていく客の本音だよ。

 

 

そして、ブログで言えば、私も「あーこの人のブログおもっしれぇな。(カチッ(ブラウザ閉じ))」というのが日常だ。

 

 

帰らないのは、なぜか無理だ。

 

 

なんででしょう。

 

 

脳みそが1記事までしか耐えられないんですよ。

 

 

 

 

 

 

だから、私は

また来てほしいです。

 

 

もし、頭に花火刺して燃えてるキリンが、あなたの頭によぎったら。また来て欲しい。

 

真面目な記事も、ギャグみたいな記事も、お役立ち記事も書いています。

 

暇潰しになれば幸いです。私も読んでいただけると嬉しいですので。

 

是非また来てくださいね。あなたの心の中にいつもいるキリンノックスでした。(キモ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


う、う、うわああああああああああ

 

ぎょえええええええええ

 

ぎゃーーーーゃあ

 

う?ぅゎ?

 

 

 

 

 

 

 

 

う?ぅゎ?ぅわ?

 

 

う?う、う、うわあああああああああああああああ

 

 

キリンノックスでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今から1分間私と勝負しましょう。

 

今から1分間キリンの事を考えなかったらあなたの勝ちです。

 

ではスタート

f:id:kirinnox:20190402141051p:plainf:id:kirinnox:20190402141051p:plain

f:id:kirinnox:20190402141051p:plain



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魔法をかけておきました。

 

 

あなたは、絶対このブログに帰って来て、過去記事を読みます。

 

 

 

 

うわー怖い。(怖いし鬱陶しい)

 

怖い(鬱陶しい)こと言ってごめんね。( 石を投げないでください )

 

私も、自分で自分が怖いですよ・・・・

 

じゃぁ、またね。

 

 

 

 

 


 

プライバシーポリシー / お問い合わせフォーム
©2019 キリンノックス