20190526114501 20190526114501

民家を見るのが好きな話




f:id:kirinnox:20190626174809j:plain

 

今日は。

超雑談です。

たまにはこういうのも良いかなと思いまして。

 

 

私は哲学書くと真面目になっちゃうし、(根が真面目だから)

体験談を書くとウケ狙いみたいになっちゃうので。

 

 

民家を見るのが好きです。

f:id:kirinnox:20190626172313j:plain

 

以上です。

終わりーーーー

 


ってレベルの雑談ですな。

 

 

車で通り過ぎる町並み。

自宅の近くだろうと、遠方の地だろうと

ボロアパートだろうと、立派な一軒家だろうと

とにかく、民家をなんとなく眺めるのが好きなんです。

 

f:id:kirinnox:20190626172533j:plain

あ、こんな良い家は見たことねぇなw 

 

 

別に、「良い家が欲しい!」と思ってみているわけではありません。

ここにどんな人が住んでいるのだろう。

自分がもし、ココに住んでいたら、どんな人生があったんだろう。

それを考えるのが非常に楽しい。

自分以外の人生を想像するのは楽しい。

 

 

なんだろう。自分の人生にフラストレーションが溜まっているからでしょうかw

 

 

窓から覗く、部屋の空気感が、ごちゃごちゃしていて生活感がある方が好きです。

 

f:id:kirinnox:20190626173724j:plain

 

夜になると明かりが漏れている。

オレンジ色の明かり、白い明かり、きっと、あかりのしたで誰かが何かをやっているんだろう。

それを考えるだけで楽しい

 

f:id:kirinnox:20190626174135j:plain

 

何をやっているんだろう。

料理を作っているのか、テレビを見ているのか、ゲームをしているのか、楽器を弾いているのか、本を読んでいるのか。

 

とにかく、私の想像の中の、そこに住んでいる人の人生は、なんか、のほほんとしていて、絶対にうまくいっています。

あれ?

もしかしたら、私は通り過ぎる町並みに、自分の理想を投影しているのかもしれません。

 

 

だから、民家を見るのが、好きなのかも。

隣の芝は青い原理で、隣の民家の人生は、楽しい人生だと思っているのかも。

 

f:id:kirinnox:20190626174420j:plain

 

実際は、そうとは限らないのに、民家から漏れる明かりは、暖かで、そこにいる人も暖かな、家庭があって、心休まる趣味があって、という理想が、脳に流れ込んで来て、気持ちが良いのかもしれません。

 

 

民家を見ていると、子供の頃、夕方、忍たま乱太郎を見て、それから、ゲームして、次の日もそんな感じで、自分が大人になるなんて、微塵も考えてなかった、いつまでも終わらない夕焼けの時を思い出します。

www.kirinnox.com

 

 

ノスタルジック!!

民家を見ているときの気持ちはノスタルジックな気持ちも40%くらいあるなぁ。

 

 

小さい頃、「大きな木がほしい。」という本が好きでした。

 

木にはしごを掛けて登っていきツリーハウスがある。

主人公はその家で過ごす妄想をする。

自給自足で、秘密基地的で、四季を感じる。

 


私は今も、木の上の秘密基地で暮らすのに憧れているのかもしれません。

 

 


 

プライバシーポリシー / お問い合わせフォーム
©2019 キリンノックス