私の父との思い出は私の人生そのものだった。




f:id:kirinnox:20190616230302j:plain

父との思い出を書こうと思ったが。

なんと、コレと言って思い出せない。

別に仲が悪い訳ではなく、むしろ、非常に仲が良い。

今では親友のような関係性となっている。

毎日、一緒に過ごしたり、一緒に飯を食ったりしている。

 

 

そうか、今わかった。

父との思い出を思い出そうとすると、人生まるごと、思い出す事になってしまうんだ。

28年間。一緒に暮らしている。

家族が絡む行事のときには、必ず父もいるし、小学校、中学校、高校、大学、就職、結婚。

その場には父はいなくとも、学校で頑張る私の後ろには一緒に暮らす父がいる。

 

 

小、中学校で不登校になったときも、高校に頑張って行っていたときも、大学生となり、遊び歩いて家に帰らなかったときも、父はいつもいた。

特別、私に、何かをしてくれたわけではない。

宿題を手伝ってくれたわけでもないし、学校の事を相談する事もそれほど多くなかった。

父と何をしたか、具体的な事が全くもって思い出せないのだが、ずっと一緒に暮らしていた。

 

 

この安心感はすごかったな。

父に怒られたこともない。

一緒に出掛けた事はもちろん何度もあるが。

 

 

とにかく、父はいるだけで、安心感がすごかった。

父が取り乱したところを見たことがない。

怒ったところも。しかし、決してなよなよしているわけではなく、鋭い眼光と、ユーモアと、技術を持っている人だ。

 

 

最近は酒ばっか飲んでいる好々爺になってしまったがw

定年して、のほほんと過ごしていて、すごく良いと思う。

 

 

父との思い出は?と聞かれたら、

28年間一緒に過ごした事。となるだろう。

 


一緒に過ごした日々を思うと、それ自体が大きな思い出であり、涙が出そうである。

 


一番思い出すのは、私の名前を呼ぶ声だ。

父は、私と話をするとき、必ず名前を呼ぶ気がする。

私の名前を呼ぶ、その声に、一緒に過ごした28年間が全てが詰まっている気がする。

父の声に、私への信頼、期待、尊敬。全てを感じる。

 

 

父の顔を思い出すと、私を呼ぶ声が聞こえる。

長生きして欲しい。

 

 

今週のお題「おとうさん」

 


 

プライバシーポリシー / お問い合わせフォーム
©2019 キリンノックス