キリンノックスの日記

「将来は何になりたいの?」と聞く大人と、僕の将来の夢だった「パン屋」について。




f:id:kirinnox:20191010170951j:plain

 

大人はよく、子供に将来の夢を聞く。

 

「将来は何になりたいんだい?」

 

私は、聞かれるのが嫌だった。

だって、将来の夢を何かに決めておいて、言わなければいけないではないか。

サッカーやってるやつはサッカー選手と言うだろうし、お花が好きな女子は、お花屋さんと言っているだろう。

今だったらYoutuberっとみんな口を揃えて言うのかもしれないが・・・

 

 

おれは、ゲームが好きだった。

狂うほどゲームが好きだった。

朝、4時とか5時に起きて、学校に行く前にやっていたし、挙げ句に学校行かずにやっていた。

幼稚園の時からスーファミ漬けで。

小学校、中学校に入れば毎日、MTGとデュエマ、遊戯王を友達とやってた。

高校、大学はモンハン、麻雀、朝から晩まで。

www.kirinnox.com

 

 

おっと、話が逸れた。

 

とにかく、大人はよく、将来何になりたいか聞いてくる。

今のおれに言わせりゃ「そういうお前の夢はなんだったんだ?」って言い返したい感じだ。

ちっちゃい子に夢を聞き返されて、言葉に窮する大人を見てみたい。

 

 

小学生の頃なんて、好きなことをがむしゃらにやれば良い時期だろう。

将来の夢なんて物を意識させて、縛ってはかわいそうだ。

頻繁に「将来の夢は?」っと聞かれると、夢を持たなければいけないような気がしてくるし、その時自分が答えた「夢」固定観念になって、思考が狭くなる気がする。

 

 

それと、現在で、将来なりたい職業を聞かれて「Youtuber」っと答える子供には、将来と言わず、今すぐYoutuberになってほしい。

Youtubeは子供でも稼げるだろうし、子供だからこそ、稼げる分野もあるはずなので、今が一番チャンスだ。

 

 

おっと、また脱線した。

それで、幼少時代のおれはと言うと「将来何になりたいの?」と聞かれて困っていた。

特になりたいものもなかったからだ。

という訳で、何か答えを用意しなければならなかった。

 

 

 

そこで、おれは「パン屋」という答えを用意した。

「からすのパンやさん」というめっちゃ良い絵本物心ついたときから読んでいたし、パンが好きだったからだ。

 

 

将来の夢を決めるといろいろ都合が良い。

学校の作文をすぐに書き始められるし、大人から聞かれた時に即答できるし、美術で将来の自分の絵を書くときも悩まずすぐ書ける。

 

 

実際、調子は良かった。

だから、タイムカプセルを埋めるというときも、なんのためらいもなく「20歳のぼくへ、パン屋になっておいしいパンを毎日焼いていますか?」っと書いたのだった。

 

f:id:kirinnox:20191010171841j:plain

 

20歳になって、あの時埋めたタイムカプセルを掘り返すという通知が来た。

 

 

行っても行かなくても良かったが、なんとなく行ってみた。

今なら多分行かないだろうが、当時大学生でウェイってたので、「行ったろwww」っと思っていったのだ。

 

 

行ってみると、友達と呼べる友達はいなかった。

だが、まぁみんなそんな感じだった。

知り合い程度の知り合いと言葉を交わす。

 

 

タイムカプセルが見つかるまで談笑していた。

 

 

A「お前、将来の夢なんて書いたんだよwww」

B「おれ??ww多分パン屋www」

C「っっあ!!wwwおれもパン屋にしたわwwwAは?ww」

A「パン屋に決まってんだろうがwwwDは?www」

D「パン屋パン屋wwwパン屋以外ありえないっしょwww」

 

 

なぜかパン屋がネタにされていた。

 

 

B「キリンノックスwwwお前なんて書いたんだよwwww」

キリンノックス「おれwっw?パ、パ、パン屋に決まってんだろうがwww」

C「ぎゃははwwwやっぱパン屋かwwwウケるwww

キリンノックス「wwwっあwwちょっとおれ、用事思い出したwwww

 

 

おれは帰った。

 

 


 

プライバシーポリシー / お問い合わせフォーム
©2019 キリンノックス