20190526114501 20190526114501

23歳の時にうんこ漏らした話




人気ブロガーさんたちの記事を見ていると、時折目にするのが、うんこを漏らした記事だ。

ならば、私も書かねばなるまい。

幸いにして、私もうんこを漏らした経験があった。

あの時、うんこ漏らしておいてよかったと思ったのは、人生において今が初めてだ。

 

 

つまり、うんこを漏らすメリットは、人に話して初めて生まれる。 

うんこを漏らしたことを、公開して初めて、漏らした事に価値が生まれるのだ。

後悔してるばっかじゃしょうがない、公開しましょうということだ。

 

 

では本題です。

 

 

 


ある夏の日

f:id:kirinnox:20190404224953j:plain

 

私はいつものように、車に乗って授業をする仕事をしに向かっていた。 

そして、ふと、屁を感じた。

屁をする為に、運転しながら尻を少し持ち上げた。

 

 

いつもなら、気体が「ブッ」と出る。という期待をしていた。(キタイだけに・・・) 

しかし、感覚がいつもと違ったのだ。(ゆるかった・・・)

 

 

「まさか!?」と思った。

 

 

まぁ、そんな感覚はたまにあって、確認して、「まぁ出てるわけないよな・・・」というのがいつもだったが、

 

 

その日は出てしまっていたのだ。

 

 

「なぜ!?!?!?」

 

 

私は、とっさに理由を問うた。意味がわからなかったからだ。 

私は23歳。まぁ若いうちに入るだろう。出口の筋肉も人並みにあるはず。さらに、別に朝から特別腹が痛いわけでもなく、

最近、ちょっとゆるいな。くらいのunkoレベルだったのに、「それ」は突然やってきた。

突然過ぎて、私の脳みそは必死に理由を模索していたのだ。

 

 

「え!?!?なんで!?!?なんで!?!?」

 

 

しかし、本当にすべきは、すでに起こってしまった悲劇の原因の追求ではなくて、これからどうするかという未来への道の模索であるということを、まだ私はわかっていなかったのだ。

 

 


漏らしたときの対処法

f:id:kirinnox:20190404225102j:plain

 

漏らしたときどうするか、やはり、皆さんも気になるところであろう。 

「なぜ!?!?!?」という原因究明が無意味な事を悟った私は、これからどうするかという事を考え始めた。

 

 

「このまま」、どこかに行ってしまおうか。うんこを漏らした記事を書いてブロガーになろうか。Fxで一発当てようか。 

などとは思わずに、差し迫った仕事をどうするかという事にいたった。

 

 

まず、漏らしたままの状態で車を止め、電話をかけた。

 

 

「すみません、急病でして。いけません。」

 

 

まさか、うんこ漏らしましたなんて言えません。もう、これしか方法がなかったのだ。

洗浄して仕事に向かうには、被害が大きすぎた。まして、漏らした状態で授業なんてできるはずもない。

とすれば、ここは緊急事態という事を伝えて仕事を休むしか無いであろう。

急病もあながち嘘ではない。こんな事は生まれてはじめて起こったのだから、私の体に異変が生じている。

 

 

そして、私は直帰した。

 

家に帰りシャワーを浴びた。

 

ズボンは捨てた。

 

気持ちが良かった。

 

シャワーを終えて、庭に出て空を見ると、

 

そこには夏の青空が広がっていた。

 

あの青空を生涯忘れることはないと思う。

f:id:kirinnox:20190404225158j:plain

 

 

 

 

 

関連記事

www.kirinnox.com

 


 

プライバシーポリシー / お問い合わせフォーム
©2019 キリンノックス