【クオリア】メアリーの部屋【意識のハードプロブレム】




今週のお題「わたしの好きな色」

 

好きな色はなんですか?

というお題を貰えば、哲学バカの私が考えるのは、「メアリーの部屋」だ。

思考実験である。

 

f:id:kirinnox:20190621134334p:plain

メアリーの部屋 - Wikipedia

メアリーは生まれてからずっと、色のない白黒の部屋で育った。

メアリーは白黒の本を読み、白黒のテレビを見て、知識豊富だ。

赤の色の波長や、網膜にその色が映ったあと、視神経を通して、脳に電気信号が送られる事を知っている。

赤についての全ての知識をメアリーは持っているのだ。

 

f:id:kirinnox:20190621134437p:plain

メアリーの部屋 - Wikipedia

そのメアリーが、初めて、白黒の部屋を出て、「赤を実際に見た」とき、メアリーは新しい何かを知るだろうか。

 

 

という思考実験である。

普通に考えれば、「赤を見たことがないのに、初めて赤を見れば、赤い感じを知るだろう」と予測できる。

それは、「赤を見た感じ」は知識では得られない事を意味する。

本や、伝聞によって、赤を見た感じを伝えることは決して出来ない

この赤を見た感じ、を「クオリア」と呼ぶ。

 

 

クオリアとは、赤を見たときの、あの感じ冷たい水に手を入れたときの、感じ怒りを感じたときの、あの感じ

私としては、上手く書き表せなくて、モヤモヤするが、これ以上言語化できないのだ。

 


江頭2:50

生まれたときから目が見えない人に、空の青さを伝えるとき何て言えばいいんだ?こんな簡単なことさえ言葉に出来ない俺は芸人失格だよ

という名言を言ったらしい。

しかし、違うんだ。

クオリアを人に伝えることなど、誰一人として出来ない。

 

 

 

クオリアは謎に包まれている。

毎日、私達は、クオリアに満ちて生活しているというのに。

 

 

いや、クオリアに満ちて生活しているどころか、私達には、クオリアしかないのだ。

目で見る、耳で聞く、肌で触れる、考える、感じる、怖い、楽しい、悲しい、嬉しい。

全てクオリアだ。

私達は、100%クオリアの中を生きている

 

 

それなのに、私達は、クオリアについて何もわからないのだ。

 

 

なぜ、赤を見た時、このように感じるのか、

なぜ、赤はあんな感じで、青はあんな感じなのか、

なぜ、冷たいはあんな感じで、熱いはあんな感じなのか。

そんな当たり前に毎日感じている事が、今の科学ではわからない・・・

 

 


意識のハードプロブレム

f:id:kirinnox:20190621140414j:plain


クオリアが、どのように生じているか。」この問は意識のハードプロブレムと呼ばれている。

直訳すると難しい問題

 

他にも


意識に対する疑問は次々生まれているが、私は何一つ、納得行く説明を聞いたことがありません。

結局、全部よくわからないのです。

 

 

「意識のハードプロブレムが、解決可能な問題なのかどうか?」

という問まで生まれてきます。

解けるのか、解けないかすらわからない。

 

 

人間は原子で出来ている。

それはつまり、ボールを人形に組み上げると、意識を持つという事だ。

ボールの塊が、考え、感じているのだ。

意味が、わからない。

 


私には解ける気がしない。

ボルダリングで言えば、100mくらいの垂直の壁、ホールドなし、表面はつるつる。の壁を登るような感じがする。

最初の足がかり、論理のスタート方法すらわからない。

 

 

圧倒的不可能を感じる。

私が生きているうちに、解決されるだろうか・・・

納得行く説明を聞いたら、さぞ気持ちいだろう。

 

 

 

現実のメアリー

最近では、メアリーの部屋の思考実験は現実の物となった。

色盲で、生まれながらに、正しく色を認識できなかった人達が、特殊なメガネによって色を認識できる技術が出てきた。

この動画を見てくれ色盲の方は中盤5:00ごろからです)

 


【感動】生まれて初めて色を見た時の反応 - BEST版【Video Pizza】

 

めっちゃ泣けるーーーー

メアリーは赤を見た時、何か新しい事を感じた。というのを見ることができる。

 

 

ってか、泣けるーーー!

感動で哲学とかどうでも良くなってくる。

歳を食うと涙腺が弱くなりますね!

泣いてもいいじゃないか。

www.kirinnox.com

 


余談

色盲で、長らく色を見たことがなかったが、初めて色を見た。という事象は、昔と未来にはなく、今、この時代にしか起こらないレアな事象かもしれません。

なぜかと言えば、昔には、その技術はなく、未来はおそらく、幼少時代にメガネに出逢ってしまう。

「人生でずっと色を見たことがなかったが、おじさんになってから、初めて色を見た」

という人は現在2019年付近にしかいないかもしれませんね。

 

 

今週のお題「わたしの好きな色」

私の好きな色は、ピンクです。

嘘です、緑です。

www.kirinnox.com

 

 

メアリーの部屋はこの本で知りました。

めっちゃ面白いのでオススメの本です。

 


 

プライバシーポリシー / お問い合わせフォーム
©2019 キリンノックス