自分の心の声に従う勇気




はてなブログお題 「迷い」と「決断」 について書きたいと思います。

 

迷いが生じた時点で、心はもう決まっている

f:id:kirinnox:20190518212700j:plain


私の経験では、そもそも、迷いが生まれた時、自分の心の中ではどうしたいか、本当にやりたい事はどちらなのか、もう決まっている事が多い。


例えば、

「今の仕事を辞めるか、辞めないか。」という迷いが生じたとき、あきらかに、自分の中に「辞めたい」という気持ちがある筈である。

「何かを買うか、買わないか。」迷っている時点で、「その物体が欲しい」という気持ちがあるはずである。

「今の彼氏と別れたほうが良いかな?」と相談して来た女性は、心の中には、もう「別れたい。」という意思がしっかりと存在している。

「あの女の子に声を掛けるか、掛けないか。」迷っている時点で、「声を掛けたい」という気持ちがあるはずである。

 


自分の心の中に、「◯◯したい」という思いがなければ、そもそも、その迷い自体が生まれないのではないか。

 


声を掛けようか、悩んだ時点で声を掛けたいのだ。

 


では、なぜ、行動に踏み切れないか。

私自身の経験では、人目を気にしていたり、選択に自信がなかったり、自分に自信がなかったり、勇気がなかったり。が理由だった。

 

 

迷っている時、自分の心の中ではどちらが正解なのか、もう結論は出ているのに、人目を気にする事や、自信のなさによって踏み切れない。

これが決断できないということなのではないか。

 


迷いとは勇気を持てないから起こるのではないかと思う。

迷ったとき、既に答えは出ている。

必要なのは、どちらが良いか、比較する脳みそでなくて、自分が信じた方へ一歩踏み出す勇気なのではないかと思う。

 

 

 

迷っている時の方が辛い

f:id:kirinnox:20190518213516j:plain


「案ずるより産むが易し」
ということわざがあります。

人間って、困難なことでも、その事柄と相対して戦ってるときは、意外と踏ん張れるものです。*1

 

 

私は、人生において、迷っているときが一番辛かったなぁ・・・と思っています。

恋人と上手くいっていないときはとても悩んでいました。

しかし、いざ破局してしまったら、逆に気分がスッキリしたこともあった。

 

 

進学で、どの大学に行くか・・・悩んでいたときは辛かったけども、志望校が決定してからは、受験で辛い事はなかった。

 

 

人間というのは、不確定要素に苦しむような気がするのです。*2

とにかく、嫌なことでも、確定しているなら、乗り切るしか無いと開き直ってがんばれます。覚悟を持てる訳です。

 

 

しかし、踏み込むか、引き下がるか。迷っているときは、困難と相対しているときよりも数倍、精神的に苦しむ。そんな気がしてなりません。

 

 

 

「迷う」という事は「どちらも可能」だということ

f:id:kirinnox:20190518213617j:plain

 

以前、面倒くさい事は「自分にできる可能なこと」という事を書きました。*3

迷いは自分に可能な選択肢の中で生まれると思います。

例えば、私は現在28歳ですが、「サッカー選手になりたいけどどうしよう。」とか「将棋のプロ棋士になりたいけどどうしよう。」

という考えは微塵も生まれません。

かなり不可能だからです。

 

 

つまり、迷う時点で、その選択肢には可能性がある。

例えば、仕事をやめようか・・・と悩んでいる場合「辞める人生」「辞めない人生」もどちらも物理的には可能という状況だと思うのです。

迷うという事は、将来に対して選択肢の幅がある。という側面も持っているので、「迷う」という事は悪い側面だけではないと思います。

 

 

 

 

 

どちらかを選ぶ。という事は、どちらかを諦めるという事

f:id:kirinnox:20190506121604j:plain


「迷い」と「決断」というテーマは2つのテーマに見えますが、実は、1つのテーマだと思います。

選択肢が1つしかなければ人は迷いません。

2つ以上あるからこそ、迷い。そして、決断が必要になる。

 

 

どちらかを選ぶというのは、どちらかを諦めるということです。

諦めるのが難しいから、迷っている訳です。

 

 

しかし、人生は一本道です。人は、一人分の人生しか歩めません。*4

同時に二箇所に存在することはできない。

迷った時、必要なのは諦めることです。

 

 

どちらかを選ばなくても、結局は失います。

ずっと迷っていると、両方の選択肢を失う事だってあります。

 

 

迷えば迷うほど、まず時間を失い、迷っているうちに若さを失い、迷っているうちに人生を失います。

失わないためには、なるべく早い決断が必要です。

片方を諦めなければ、片方を得ることはできない。

 

 

 

 

 


羽生善治九段の「決断力」

https://amzn.to/2W9qjJ5

「迷い」と「決断」というテーマだったらこの本の紹介ははずせない!*5

将棋の棋士ほど、毎日決断を繰り返している人もいないだろうと思います。

そんな、棋士のトップで活躍してきた、羽生さんの名著!

将棋を知らない人にも心に刺さる決断の真髄。

というわけで、少し引用させてください。

 

 

一時間以上考えているときは、考えるというよりも迷っている。

 

羽生善治『決断力』(太字は引用者)

 

「考えるというよりも迷っている。」

考えるのと迷うのは違うようだ。

 

 

私はこれについて考えた。

例えば、2つの選択肢があって、どちらが良いかを、合理的に比較している時、それは「考えている」のだと思う。

そして、合理的比較であれば、必ず答えが出るはずだ。

Aの方が性能が良い、Aの方が見た目が良い、Bの方が安い。という風に一つ一つの項目を比較していけば、答えは出てくる

 


しかし、それに感情が入りこんだとき、考えは迷いに変わるように思う。

 

「これ欲しいけど、買ったらなんて言われるかな・・・」

「挑戦したいけど、失敗したらどう思われるか・・・」

「無理かもしれない・・・怖い・・・」

 

最初にも書きましたが、本当は、欲しかったり、挑戦したかったりするのだが、人目を気にしたり、自信がないのが理由で踏み切れない。

これが「迷っている」ということなのではないか。と思います。

 

 

 

長考するときは、結局、どうやってもうまくいかないという連続で、迷うだけというケースが非常に多い。最後には、「どうにでもなれ!」という心境で決断することも結構ある。

 

羽生善治『決断力』(太字は引用者)

 

前述のように、私は、困難に立ち向かっているときよりも、迷っている時の方が辛い、そして、迷っている時間が長いほど、どんどんいろいろな物を失っていく。と思っています。

実は、迷った時というのは、「どちらを選ぶか」という事よりも、「どちらでも良いからすばやく決断する。」という事の方が重要な場合もあるのではないか。とも思う。

 

「どうにでもなれ!」という思い切りも、人生には必要なのかな・・・

 

 

 

決断は、怖くても前に進もうという勇気が試される

決断は自分の中にある

 

羽生善治『決断力』(太字は引用者)

 

かっこいい。名言です。

やっぱり、決断は勇気。

 

私はやっぱり、迷い始めた時点で、最初から答えは心の中にあることが多い。

決断して一歩踏み出すために必要なのは、自分の心の声に従う勇気なのかもしれません。

 

 

*1:困難とは、戦ったほうが、逆に辛くない

www.kirinnox.com

 

*2:不確定要素はキツイ。この記事にも書きました。

www.kirinnox.com

 

*3:面倒くさい事=可能な事

www.kirinnox.com

 

*4:人生は一本道・・・この記事にも書きました

www.kirinnox.com

 

*5:私、羽生さんのファンですw


 

プライバシーポリシー / お問い合わせフォーム
©2019 キリンノックス