20190526114501 20190526114501

メメント・モリ 自分がいつか必ず死ぬことを忘れるな




メメント・モリの意味

f:id:kirinnox:20190430143030j:plain

 

メメント・モリラテン語でいろいろな訳がある。

 

死を想え。

 

死を忘れるな。

 

しかし、一番私が気に入っているのは

 

 

自分がいつか必ず死ぬことを忘れるな。

 

 

である。

 

 

私が大学生の頃「死」をテーマにした授業があった。「死生学」というものだ。

 

そこで、「死」には3種類ある。という事を学んだ。

 

  • 関係ない第三者(He,She)の死。三人称の死
  • 知っている人、あなた(You)の死。二人称の死
  • そして、自分( I )の死。一人称の死


メメント・モリが一番言いたいのは、もちろん自分の死、一人称の死、だろう。

 

 

この3種類のうち、自分の死だけが、異彩を放っている。

他の人が死んでも、自分の人生は続くが、自分が死んだら、そこで終わりである。

当たり前だけど。

 

 

当たり前だけど、やっぱり、この違いは大きい。

誰かが死んでも、自分の感覚は変わらない。 自分が死ぬと自分の世界は終わる。

 

 

私は、死についてこれ以上書くことはできない。

人類にとって、「死」とは未知すぎて、とても、記述できるような代物ではない。

それどころか、「死」について思考することすら、ままならない。

 

 

 

私とメメント・モリ

f:id:kirinnox:20190430143804j:plain


生きる事を思う事は、いつか死ぬことを思う事。

 

 

私が、メメント・モリという考え方に出会ったのはいつだったか。


哲学者の中島義道さんは、幼少から「いつか自分が死んでしまう事」について考えていたそうだ。その話を読んだときだったか。

 

ティーブジョブスの演説をyoutubeで見たときだったか。あの演説はまさに、自分がいつか死ぬことを忘れず、自分の心の声に正直に生きろという内容だった。

 

私は死に関するいろいろな本を読んだ。「生きる」という事を思うとき、必ず「いつか死んでしまうという事実」はつきまとう。*1

 


いや、もっと前だった。

メメント・モリという言葉を知る以前から、私が死の存在を知ったときから、「私もいつか死んでしまうのではないか?」と最初に思ったときから、私は自分の死を思わなかった日はなかった。

 

 

小さいときから死にたいと思ったことももちろんある。

それは、生きるのが辛いからだったり、死に対する興味だったりした。

 

 

もちろん、死にたくないと思った事も多くあった。

それは、死に至る苦痛を回避したいからだったり、生きる事への執着だったりした。

 


とにかく、私は、幼少期から「死」に興味があった。

「死」はなんだ?「死」という事象は私を惹きつけた。

 

メメント・モリという言葉を知る前から、私は「自分が死ぬ。」とはなんだ?どういうことだ?という事を考え続けてきた。

 

 

 

 

 

メメント・モリの効能

f:id:kirinnox:20190430143822j:plain

 

私は常々こう思っている。

 

 

やらずに後悔するよりは、やって後悔する人生を歩みたい。

過去の失敗にくよくよしないように生きたい。

人の目を気にせず生きたい。

自分の心の声に素直に生きたい。

 

 

しかし、なかなか難しい。

いや本当に難しい。

 

 

そんなとき、後押ししてくれる。勇気をくれるのが

メメント・モリという言葉だ。

 

 


死を思うことによって、過去の失敗がどうでも良くなってくる。

死を思うことによって、人の目がどうでも良くなってくる。

死を思うことによって、自分の心の声に素直に生きたくなってくる。

 

 

もっと、やって後悔したい。

もっと、失敗したい。

もっと、人目を気にせず生きたい。

もっと、自分の心に素直に生きたい。

 

 

だから私はメメント・モリを忘れない。

 

 

 

人生の恥はかき捨て

f:id:kirinnox:20190430144008j:plain

 

旅の恥はかき捨て。という言葉がある。

 

旅の恥はかき捨てとは、旅先には、知ってる人もいない、二度と来ないかもしれないから、普段ならしないような、恥ずかしい事も出来てしまう。恥もその場限りのものである。という意味。

 


これ人生も同じなのではないか。と思います。

 

この世は、一度生まれて死んだら、もう二度と来ることもない。

自分として、生きて、死ぬのはたった1回。人生は1度きり。

 

 

であれば、人生の恥はかき捨てなのかもしれない。

所詮、恥も、人生1回限りのもの。

 

 

だからなんだってできるのかもしれない。

 

恥ずかしい事だろうが、失敗だろうが。

 

人生の恥はかきすてなんだから。

 

 

 

 関連記事

www.kirinnox.com

 

www.kirinnox.com

 

*1:私が実際に読んだ本はこれら

他にも自殺に関わる本を多数読んだ。

 

 

 


 

プライバシーポリシー / お問い合わせフォーム
©2019 キリンノックス