20190526114501 20190526114501

パチンコを打つ人の心理 & 打たないほうが良い理由




f:id:kirinnox:20190428234511j:plain

前回、宝くじは買わない方が良いという持論を展開しました。*1

今回はパチンコについて書きたいと思います。

 

 

私は「パチンコとか、絶対勝てないし、つまらん。」と思っていますので、実際にプレイしたのはほんの2,3回です。

なので、裏事情とか、勝ち方とかは全くもって無知の状態でこの記事を書いていることをご了承ください。

 

そして、パチンコを打ってしまう心理をこの記事で考察していきますが、半分は前回の宝くじを買ってしまう心理とかぶっていると思っています。

 


前提として、勝てない。

f:id:kirinnox:20190428235126j:plain

パチンコが勝てるはずがありません。

還元率が悪い。

宝くじよりは還元率は良いらしいですが、還元率100%で無い限り、理論上やり続けると損失が増えます。

 

 

やり続ければ、やり続けるほど不利です。

そして、宝くじと違って、継続性があるため、損失が増え続けるのが特徴だと推察します。

 

 

宝くじは、買って、ハズレておしまい。ですが。

パチンコは、負ける → 負ける → 勝つ → 負ける → 負ける

で、やればやるほど資金を失います。

 

 


しかも、トランプとか、宝くじとかと違い、勝つも負けるも店側の設定しだい。

パチンコって・・・当たるか当たらないか、完全に店側に握られてるって事で良いんですよね?

ごめん。よく知らない。

知らないけど、画面に表示されてるデジタルのスロットが揃ったらアタリなら、店側のやりたい放題じゃん?

 

 

そんな、最初から勝負の鍵を握られてる状態で勝負してるなんて・・・勝てると思ってやっているのでしょうか。

それでも、パチンコを打ってしまうのはなぜか・・・考察していきます。

 

 

 

 

勝つ人を見たり、たまに勝ったりすることで、勝てると思い込んでしまう

f:id:kirinnox:20190428235141j:plain


パチンコで負ける人の割合は、かなり高いと推測します。

しかし、パチンコで(一時的でも)勝っている人が存在するのも事実です。

「勝っている人がいるという事実」は、負けている人にとっても重要です。

 

 

勝っている人が0だったら誰もやりません。誰かが勝っているという事実がなければ、誰も打ちません。

 

 

負けている人が、おれも勝てるかもしれないという希望を産むからです。

負けている人も勝っている人を見て「おれもああいうふうになりたい(なれるかも)」という理想を抱くのです。

 

 

今、カイジの沼を思い出しました。

あれなんか、もはや、勝ってる人はさくら。

つまり、誰一人勝っていないのに「勝った人」として、壁に肖像をかける事によって、打つ人が後を絶たない。

フィクションの話ですが、勝った人の存在が、別の打つ人を後押ししているのは間違いありません。

 

 

さらに、宝くじと違うところは、パチンコは自分自身も「たまに勝てる」という事です。

 

還元率は悪いですが、継続的にやっていれば、勝つこともあるでしょう。

その勝利経験が「また勝てるかも。」という幻想を生んでいるのではないか。と推察します。

 

 

しかし、実際には、還元率の悪いギャンブル。

勝った金額と負けた金額の収支は高確率で赤字となるはずです。

でなければ、パチンコ店が儲かりません。

 

 

多分、パチンコを打つような人は、収支計算とかしてないんだと思います。

帳簿みたいのを付けて、パチンコの収支を記録するようなマメな人は、そもそもパチンコを打たない気がします。

金額の収支では負けているけども、勝った時の気持ち良さだけを鮮明に覚えているから「勝った!(勝ってる!)」と錯覚しているのではないでしょうか。

 

 

 


ごちゃごちゃした演出が、参加者が不利なのを誤魔化している

f:id:kirinnox:20190428234553j:plain

 

 

例えば

 

 

1万円払って、10本中1本がアタリのクジを引きます

アタリが出たら5万円貰えます。ハズレが出たら没収です。

 

 

やりますか?

 

 

私はやりません。

 

 

期待値が悪すぎます。

当たる確率は10分の1なのに、資金は5倍にしかなりません。

こんなギャンブルは割に合わない。

 

 


パチンコもこのくじと本質は同じだと思うのです。

つまり、あきらかに割に合わないギャンブルです。

 

 

しかし

 

 

金払う → クジを引く → アタリ or ハズレ だと、直感的に損得勘定出来る。

 

 

金払う → パッキー → 玉 → 玉が入る → スロットが回る(ここでめちゃくちゃいろいろな演出が入ります) → 当たったり外れたり → 景品に交換

 

 

ステップが多くなると、ギャンブルの不利が直感的にわからなくなります。

さらに、間に演出が入ると、それが当たるかどうかに夢中になってしまい、このギャンブルが損か、得か。という事から気をそらしているのではないでしょうか。

 

 


もし、パチンコが上記のクジのようなものであれば。

それについて話すとき、「このクジは損か、得か」が争点になると思います。

 

 


しかし、実際のパチンコでは

やれ「どの台が出る」だとか「釘の広さを読む」だとか「◯◯チャンスが出たら当たりやすい」だとか「右打ちとか左打ち」とか。

 

 

 

どうでも良い事でけむに巻き「パチンコは最終的に損をするギャンブル」ということから目を反らせている。

 

 

ギャンブルをやるときに考えなければいけないのは「損か、得か」なのに、別の話題をそこに差し込む事によって、損か得かというギャンブルの核に人の思考が触れないように隠しているのだ。

 

 


上手い仕組みだね。パチンコを開発した人は本当に頭が良いと思うよ。

もし、パチンコがもっと単純なクジ引きだったら売れなかった。

 

 

 

 

・・・でも百歩譲って、演出に金を払っているなら良いと思う

f:id:kirinnox:20190428234701j:plain

 

パチコンを儲けるために打つのは絶対辞めた方が良いと思いますが*2

金を払って暇潰しをする、または、金を払って、スロットのアニメを見るなら別に良いと思います。

 

 

コスパが少し悪い気がしますが、儲けるためではなく、演出みて、脳汁出すために打つと割り切るなら良いと思います。(最終的に財布の金はなくなります。)

 

 

演出に金を払っているとも言える。

 

 

私は打ちませんけど。

家でYoutubeでも見てた方がコスパが良いです。

 

 

 

 

まとめ

f:id:kirinnox:20190414222043j:plain

 

  • パチンコは勝てないのが前提(店にすべてを握られているから)
  • 勝った人や、勝った経験により、また勝てると錯覚する。
  • 勝った経験により、収支的にはマイナスなのに、勝ってる(また勝てる)と錯覚する。
  • 複雑なステップが、不利なギャンブルという要素を隠している。
  • パチンコ打ってる人は、どうでも良いことに気をとられ「不利なギャンブル」という事実が見えていない。

 


パチンコやるならこっちのほうが健全だぜ。

f:id:kirinnox:20190429000128j:plain

 

お読みいただきありがとうございました。

玉なんか弾いてないで、はじけようぜ。キリンノックスでした。

 

*1:宝くじは貧乏税と言われています。

www.kirinnox.com

 

*2:パチコーンパチコーン


 

プライバシーポリシー / お問い合わせフォーム
©2019 キリンノックス