20190526114501 20190526114501

人目を気にしないように生きていきたい【私の場合】




 

私は人目を気にしてしまう。

 

世間体を気にしてしまう。

f:id:kirinnox:20190512113542j:plain


「これをやったらどう思われるだろうか・・・」

「こんな事するなんて、普通じゃないと思われる・・・」

「いや、やっぱり、この服装、変かな?」

「ここで、こんな事言ったら、変人だと思われるかな・・・」

「やっぱ、この状況は、こうするのが普通の振る舞いだよな・・・」

 


この文章を書いている、今現在の私

「この文章、大丈夫かな・・・読者になんて思われるだろうか・・・」

とか考えている。

 


しかし、そんな自分。自分のその部分は、とても嫌いだ。

 


この感情を払拭したいのだが、拭い去るのが非常に難しい。

 

 

私は苦しんできた。(今も苦しんでいる)

 

 

人目を気にしないように、いろいろ、試行錯誤して生きてきました。

それをこの記事に書いてみます。

 

 

 

 

敢えて、気にしないような振る舞いをしてみた。

f:id:kirinnox:20190512113619j:plain

 

「おれ人目は気にしないから、こんなことやっちゃうぜ」という感じで、人目を気にしないような行動をとってみた事があります。

 

 

左右の靴下がバラバラの状態で外出してみたり。

正月の出雲大社を独りで破魔の矢を掲げて疾走したり。(周りはカップルやグループ、家族しかいなかった。)

誰も泳いでいない海に突然飛び込んでみたり。

突然、黙ってみたり。

空気を読めないふりをしてみたり。

3月なのに凧揚げしてみたり。*1

 

 

「おれ、人目を気にしないからこんな事やっちゃうぜ」的な事をやってみた。

これは私流の緊張を緩和する方法と同じ方法で人目を克服しようとしたからだ。*2

 

 

だが、頭の中では気にしていた。

「おれ人目を気にしないでこんなことやっちゃうぜ」という行動をとるのは、人目を気にしているからだ。

 

 

人目を気にしていないように見られたいという、考えが私の中にあり、突飛な行動をとってみていたのだ。

そもそも、本当に人目を気にしない人は、「おれ人目を気にしないからこんなことやっちゃうぜ」なんて思っていない。

 

 

私は結局「人目を気にしない人みたいな振る舞い」をすることによって、人目を気にしていない人みたいになりたい。という憧れを抱いていただけであり、

 

「人目を気にしていない振る舞い」をしている自分がどう見られているかを気にしていた。

 

失敗

 

 


自意識過剰を直そうとしてみた。

f:id:kirinnox:20190512114427j:plain

 

人目が気になるなんてのは、結局のところ、自意識過剰です。

誰も、人の事なんか見てない。

 

 

前にも書きましたが、人は私の事を意識していないはず。*3

それは、自分が他人の行動をどう見てるかを思い返せば、明白です。

 

 

自分が、道行く人をどれだけ見ているか。 

例えば、目の前で人がずっこけたとする。

心配はするかもしれないが、かっこ悪いとか、全然思わないし、10分もすればその出来事すら忘れる。

私が他人の失敗や振る舞いを気にしていないなら、他人も私の失敗や振る舞いを気にしていないはずだ。

 

 

そういうロジックで安心してみる・・・

 

ううん。

 

すでに「他人は自分のことなんか気にしてない。他人は自分のことなんか気にしてない。」と安心しようと頑張っている時点で、他人のことを気にしている。

 

 

自意識過剰は直っていない。

 

 

失敗

 

 

 

「人はみんな、いづれ死ぬ」と考えてみた。

f:id:kirinnox:20190512114832j:plain

私も、目の前にいる人も、100年後にはみんな死んでいる。

 

というか、何億年か先には、地球も、太陽も爆発してなくなってるかもしれない。

 

メメント・モリ

 

メメント・モリ

 

メメント・モリ!!*4

 

 

どうせ、みんな死ぬ。

だから人目を気にする必要なんかないんだ。

 

 

どうせ、100年後にはみんなこの世からいなくなって、私の恥も、行動も、振る舞いも、消え去る。

気にするな。気にするな。気にするな気にするな気にするな

 


気にしすぎ

 

 

失敗

 

 

 


最終的な結論 = 不可能

f:id:kirinnox:20190512115041p:plain

 


人目を気にしないようにしたい。

 

 

嫌われる勇気。

嫌われる勇気を持とう。

おれは歩く嫌われる勇気だ!

おれが!おれこそが!嫌われる勇気だ!!

 

 

そう思っても。やっぱり嫌われると凹んじゃう。

嫌われる勇気じゃなかったんかい。

 

 

人目を気にしないぞ!

 

 

そうはいっても、気にしてしまう。

無理だ。

 

 

こんな「大丈夫、誰もおれのことなんか見てない。」とかいう、やすっちい言葉一つで、人の目を気にしないように出来たら何も苦労しない。

 

 

「人目を気にしないようにしたい」と思ってしまった時点でその人は「真に人目を気にしないで生きる人」になることは出来ない。

 

 

本当に人目を気にしない人は、そもそも、そんな事気にしたことがないのだから。

私は、ずっと「人目を気にしないようにしたい。」と思いながら、何年も、いろいろ試行錯誤して、情報収集して、メンタルを鍛えてみたりして。

 

 

でも無理だった。

 

 

ではどうするか。

 

 

人目を気にしながらでも、生きるしかない。

 

 

気にしないこと。は、もう諦めました。私には難しすぎる。

 

 

人目を気にしつつも、自分のやりたいようにやるしかない。

 

 

「人目を気にしないようにしたい。」というベクトルを「自分のやりたいことをやりたい。」にシフトするしかないと思います。

 

「人目を気にしないようにしたい。」と考える事自体。人目を気にしてしまっているように感じるのです。

 

だから、そんな事、私はもう諦めます。

 

 

 

 

自分のやりたいことをやるしかない(人目を気にしながらでも)

f:id:kirinnox:20190512120555j:plain

 

これならもしかしたら、出来るかもしれない。

「人目を気にしないようにしたい」という思考がそもそも間違っていたのかもしれない。

 

 

そんなことより重要なのが「自分のやりたいことをやる」ことなのかもしれない。

「人目を気にしないようにしたい」という気持ちにフォーカスすると、その時点で、人目が気になってしまう。

 

 

気持ちのベクトルを、他人の視点から、自分の視点に切り替える必要がある。

 


だから「人目を気にしないようにしよう」なんて、考えはいったん忘れて。

「自分のやりたい事」に集中する。

 


きっと、勇気と集中力が必要です。

 

お読みいただきありがとうございました。

なりふり構わず行きたい。キリンノックスでした。

 

 

 

 

*1:凧揚げは楽しかった

www.kirinnox.com

 

*2:緊張してないように装うことで、緊張を緩和しようとしました。

www.kirinnox.com

 

*3:この記事も人目を気にしているのが露呈しまくりですね。

www.kirinnox.com

 

*4:メメント・モリについてはコチラ

www.kirinnox.com

 


 

プライバシーポリシー / お問い合わせフォーム
©2019 キリンノックス