20190526114501 20190526114501

私のコケた話、詰め合わせ【転んだ話】




自転車でコケた話。

f:id:kirinnox:20190601191830j:plain

あのとき私は、高校生だった。

私は自転車で登校していた。

 

 

授業を終えた帰り道、友達とチャリで帰っていた。

立ち漕ぎだ。

男子高校生なんて、常に立ち漕ぎだ。

 

 

意気揚々と漕いでいると、突然チェーンが外れた!!

私はなぜか前に吹っ飛んでいって、自分の乗っていた自転車が後から突っ込んできて、自分の自転車に轢かれた。

 

 

 

ライブ中にコケた話

f:id:kirinnox:20190601193750j:plain

 

私の大学生活、ライブは外せないものだった。

その頃はベースを弾いていた。

 

 

ライブハウスのステージは、客席より1mくらい高くなっている。

 

 

今日はいつもより盛り上がってるぜ!!

 

 

大学生のベーシスト(ギタリスト)は、見せ場になると、ステージの前の方に出ていって取り巻き(全員友達)の目の前でギターソロを披露するのが通例だ。

 

 

ちょっといっちょ出てやるか!!

 

 

私は一歩を踏み出したが、重力を失った。

ステージがあると思って踏み出した先は、空中だった。

 

 

私はステージから客席に落下した。

 

 

ダサい。というより、みんな心配してくれたw

バンドメンバーも観客もみんな心配してれたが、曲は続いていた。

 

 

私は「なんともないぜ!!」という感じで、ステージにヒョイと上がり、演奏を再開した。

多分、アドレナリンが出てたので、痛みが消えていたんだね。

 

 

家に帰ったあと、自分の足見てびびったわw

ちょいグロかも知れないので、画像は小さくしときました。

見たい人はクリックしてねw

 f:id:kirinnox:20190602000322j:plain

 

 


学校でコケた話

f:id:kirinnox:20190601222406j:plain

 

私は現在、学校で働いています。

家から学校まで車で40分かかります。

 

 

なんか、朝、運転してると腹が痛くなるんですよね。

学校まで30分地点だったらコンビニに寄ってトイレをお借りするのですが、学校まで15分くらいの地点だと、コンビニに寄るか寄らないか、かなり迷います。

 

 

コンビニに寄ったとして、コンビニのトイレが空いてるとは限らないからです。

ギリギリの状態でコンビニのトイレに誰か入っていると顔面蒼白。

「1000円払うから出てくれ!頼む!いや2000円までなら払う!でも5000円は払えない!漏らす!」ってなりますよね。なりませんよね。

 

 

そんなわけで、職場まで15分くらいだったら、なんとか我慢して、職場まで行ってしまうことが多いです。

 

 

しかし、その日は結構限界でした。

私は学校について車を降り。「これは玄関で靴を履き替えてると間に合わないぞ!?」と思い。

靴を脱ぎ捨てて靴下の状態で廊下を疾走しました。(廊下を走ってはいけません。※ 緊急時を除く)

 

 

そして、トイレの入口の廊下はすべすべしていました。

私の靴下を履いた左足スルッーーーとすべり盛大にコケました。(左膝を打ちました)

幸いだったのは漏れなかったことです。

なんとか這いつくばり、私は「ぐおーー」と呻きながら、靴下のまま、四つん這いでトイレに突っ込んで行きました。

みなさん。靴下で廊下は滑ります。気をつけましょう。

 

 

 


湖のほとりでコケた話

f:id:kirinnox:20190601192127j:plain

 

大学生の頃、友達3人と一緒に4人で湖に遊びに行った。

 

 

男女比は2:2だ。(良いだろー)

男A、男B(私)、女A(のちに私と付き合って破局する女性)、女B(さらにその後に私と付き合って結婚する現嫁)だ。(ドロドロかよ)

 

 

これは、ドロドロになる前の話だ。(いや、私がドロドロにしてしまう前の話である。)

 

 

9月。残暑もやわらぎ、秋の匂いが感じられる、晴れた日。

4人で車に乗って、湖までドライブ。

ウェイウェイ大学生かよ。(あの頃は楽しかった)

 

 

湖の岩場で遊んでいた。(小学生かよ)

男Aと私は、不安定な岩場の上に立ち。「押すなよ!絶対押すなよ!」をやっていた。

 

 

案の定。2人で湖に落ちました。

もうどうでも良くなって、湖で泳ぐ男Aと私。

それを見て、笑う、女Aと女B。

これぞウェイウェイ大学生。リア充かよ)

 

 

湖に入る気など、最初はなかった。もちろん着替えなどもなかった。

なんも考えずに、ちょっと冷たい湖で泳ぐ。

 

 

気持ちが良かった。

 

 

明日の授業も、最悪サボれば良いし。

おれたちは、バンドやってれば良いんだ。

毎日ドライブして、マック食って、夜通し遊んで。

一人ぐらしの友達のアパートに集まって、みんなで酒飲んで、ゲームしたり、音楽聞いたり、ギター弾いたりしながら飲み明かす。

 

 

ロックンロール(だと思っていた)

 

 

そんな日々がずっと続くと思っていた。

 


泳ぐのにも飽きてきて「帰るか・・・」となった。

 

 

水から上がると、体が重たく、びしょ濡れの服も居心地が悪い。

不思議だ、泳いでいるときには、何も気にならなかったのに

水を出ると、その行為が自分の体や状況を不快にしている事に気付く。

まるで私の大学生活のようだ。

 

 

寒気を感じた。

9月の日差しは、濡れた服を乾かすには、弱々しすぎた。

 

 

寒い。

私は、3人に「寒いから先に車行って暖まってるわ」っと言い、車に向かって走り出した。

 

 

その湖のほとりの道は、岩場でゴツゴツしていて、とても、走れるような道ではなかった。

しかし、私は疾走した。

自分は転ばないと思っていた。

こんな岩場を、全力疾走したって、足を取られない。というか、「転ぶ」という発想自体がなかった。

まるで、大学生の私の日々そのもののようだった。

 

 

派手につまづいた私は、その謎の全能感とともに、宙を舞った。

まるで、人生につまずいて、宙を舞っている現在の私の生活ようだ。

 

 

私は、膝を岩に強打した。(次の日病院に行ったら、膝の皿に傷がついていた)

足が痛かった。

すぐに、立ち上がろうとしたが、足が痛かった。

 

 

私は起き上がる事を諦めて、仰向けになって空を見た。

秋の空は一面の青空だった。

後頭部に感じる岩の感覚と、足の痛みが、謎の吐き気を私に起こさせた。

 

 

立ち上がる。という気持ちは、もはやなかった。

 

 

ただただ、透き通るような空の青さを、濡れて、寒くて、痛くて、不快な体で眺めていた。

 

 

 

原チャでコケた話

f:id:kirinnox:20190601223033j:plain

 

最後も、大学生の頃の話。

大学1年の頃は、原チャに乗っていました。(2年の時、車買った。)

原チャでコケる人は多いですよね。

 

 

私の、いとこも、原チャでコケて、砂利道にツッコミ、膝に砂利が・・・

 

 

私も例にもれずコケたのです。

コケる原因はいろいろあると思いますが、私は「スピードの出しすぎ」「車間距離取らなすぎ」「不注意」が原因だったと思います。(今考えると安全管理ダメダメやん・・・)

 

 

大学に向かって、気持ちよく原チャで走っていた私は

いつもは渋滞しない場所で、車が渋滞している事にハッ!と気付いたのです。

 

 

いつものように走っていた私は、スピードが出すぎていました。

止まれるか!?急ブレーキをかけました。

 

 

止まれるか、止まれないかの問題ではなかった。

急ブレーキで制御不能になったハンドルは、暴れ馬のように私の手を離れ

 

 

転倒した私は前に止まっていた軽トラのすぐ左へ滑りこんだ。

原チャはそのまま、直進し、軽トラに衝突した。

 

 

あのまま、軽トラに私自身が衝突していたら、大怪我か、最悪死んでいただろう。

今考えても、恐ろしい。

 

 

軽トラのオジサンが降りてくる。

私が全面的に悪かった。

私は倒れていたが、「怒られる。」と反射的に思った。

 

 

しかし、オジサンは「大丈夫か!?」といった。

「救急車呼ぶか!?」

 

 

私は、奇跡的に軽傷だったので、原チャが軽トラにぶつかった事を謝罪した。

そしたらオジサンは「そんな事は良いからよ!!」と言った。

もし何かあったら、連絡くれ、と言って名刺を渡してくれた。

 

 

不思議だった。悪いのは私なのに。修理代を請求されてもおかしくない事例なのに。

 

 

あれが、心が広いという事なのだろう。

心が広く、器がでかく、優しく、暖かい人に触れた日だった。

 

 

バイクは動かなくなったし、その日、大学にも行けなかったが。

私の人生の中で重要な日だった。

名刺はどこにしまったかわからなくなってしまったが、あのおじさんの心の広さは、まだ私の心の中に残っている。

 

 

まとめ

f:id:kirinnox:20190601145648j:plain

 

何回コケてんだ!

人が人生でコケる回数って、平均何回くらいなんでしょうね。

 

コケた人を笑ってはいけない。

彼は歩こうとしたのだ。

↑ 誰かの名言

あ、今思ったんだけど、七転び八起きっておかしくない?

コケる→起きる→コケる→起きる・・・・

って7回やったら、七転び七起きやん!

 


駄文をお読みいただきありがとうございました。

八転び八起き。キリンノックスでした。

 

関連記事

www.kirinnox.com

 

www.kirinnox.com

 


 

プライバシーポリシー / お問い合わせフォーム
©2019 キリンノックス