キリンノックスの日記


キリンノックスの日記

検索窓開いて「なんだっけ」




おれ、脳みそが弱ってる? 

 

あ、あれ検索しよう。

 

検索窓を開く。

 

検索窓をタップして、

 

私は打ち込む

 

「なんだっけ?」

 

何検索しようとしたか忘れてる!

 

ボケか!?

 

でも、確かに最近、脳みそがボヤっとしている事が多くなった気がする。(28歳)

 

スマホのいじり過ぎでボケたか?

 

 

 

ふと思った。

スマホでの体験は本物の体験と言えるのだろうか。

 

この間、マチュ・ピチュについて嫁と話していた。

f:id:kirinnox:20190430192952j:plain

 

「行ってみたいけど、金かかるしなぁ、50万もかかるんだって!

しかも1週間かけて行って、マチュ・ピチュみて帰ってくるのかぁ。

スマホで検索すれば、タダでマチュ・ピチュ行けるわw

めっちゃ画像綺麗だし。」

 

 

という話をしていました。

悪天候にも見舞われず、長い飛行機に乗ることもなく、バスに乗ることもなく、山を苦労して登ることもなく、マチュ・ピチュを見ることができる。

 

 

今後VR技術でさらにリアルに見れるようになるかもしれません。

もっと進化すれば、温度、匂い、風。そういったものがVRで体験できる可能性も出てくる。

 

 

そのVRは本物の体験と違うだろうか。

 

 

私が、旅行の準備をして、何時間も飛行機に乗って、バスに乗って、自分の足で山を登り、マチュ・ピチュにたどり着いてマチュ・ピチュを見たときと 

VRで「マチュ・ピチュ」を体験するのは同じだろうか。

 

 

まぁとにかく、マチュ・ピチュをこの目で見るのと、ただの「画像」を見る違うのですが、画像で見て満足してしまう。

 

 

これが私の脳を、私の心を弱らせたんだろうか。 

現代。

スマホやインターネットの普及で現実の体験は減ったと思う。

 

 

昔の子どもたちは、メンコとベーゴマで遊んだ。

私は、小さい頃、虫取り網でトンボを捕まえたり、サッカーボールを庭で蹴ったり、家の屋根に登ったり、公園で缶蹴りしたりして遊んだ。

 

 

サッカーボールが隣家に入ってしまって、忍び込んで取りに行ったこともあった。 

 

 

家の屋根から落っこちたこともあった。 

あの時の痛みは、強烈だった。

立てないほどの痛み。

あの痛みはまさに現実。リアルだった。

脳みそはめちゃくちゃ活性化していたと思う。

私の心にも、痛みという衝撃を与えた。

 

 

しかし、最近の私の体験はスマホによって変わった。

サッカーボールを蹴るのもスマホの中。トンボを捕まえるのもスマホの中。
屋根に登るのもスマホの中。そして、屋根から落ちるのもスマホの中だ。

 

 

私の脳はこんな事してて大丈夫か?

 

 

サッカーボールを蹴るのと、スマホの中でサッカーボール蹴るのは違う。

トンボを捕まえるのと、スマホの中でトンボを捕まえるのと違う。

屋根に登るのは、スマホの中で屋根に登るのと違う。

屋根から落ちるのは、スマホの中で屋根から落ちるのと違う。

 

 

スマホの中じゃ、落っこちたって痛くない。

刺されたって、撃たれたって痛くない。

 

 

そんなの本当の体験と言えるだろうか。

本物の体験が減り、私の脳みそは弱っていってしまうかもしれない。

そして、心も鈍感になっていくような気がする。

スマホを捨てて外に出よう。

 

 

関連記事

www.kirinnox.com

www.kirinnox.comwww.kirinnox.com

www.kirinnox.com

 


 

プライバシーポリシー / お問い合わせフォーム
©2019 キリンノックス