「おれでもできそう。」と言うのと、実際に実行するのでは雲泥の差




f:id:kirinnox:20190821165147j:plain

「おれにもできそう」

「おれの方がもっと上手くできそう」

この言葉を言う人はだいたい、甘ったれだと思う。

以前のおれがそうだったから・・・

得てして実際にやってみると、全然できないのだ。

 

 

ピカソ

f:id:kirinnox:20190813231334j:plain

私が、ピカソの絵をみたとき、最初に思ったのは

「なんだwwwこの子供が書いたような絵wwwおれでも書けるわwww」

 

 

しかし、その直後にピカソの名言を見た

 

 

私は、子供らしい絵を書くのに一生かかった

 

 

すみませんでした。

そう。

ピカソは狙って書いていた。

 

 

私はピカソの思惑通り、「子供が書いたような絵だな、おれでも書けそう」と思ったに過ぎないのだ。

それは、おれでも書けるわけではない。

 

 

子供っぽい絵を見て、「書けそうwww」と思うのと、実際に子供っぽい絵を書くのには、途方も無いほど差があるんだ。

私は、軽口を叩く自分を恥じた

やれるもんならやってみろ。

 

 

 

ダニングクルーガー現象

f:id:kirinnox:20190814182511j:plain

ダニングクルーガー現象とは、実力が低い人ほど、自分の実力を過信して、過大評価してしまう。という現象です。

実際には何も行動した事がない、実行力の低い人ほど、「自分はもっとできる」っと思ってしまいます。

少しでも何か行動をしている人「行動するのは意外とキツイぞ」と、行動することの大変さを知っていますので、軽々しく「できそう。」「おれの方が上手い」などとは口にしないのです。

 

 


脳内では何でもできる。

f:id:kirinnox:20190814182602j:plain

 

明日は休みだ!

本を読んでブログを3記事くらい書いて、ゲームして、ギター練習しよう、あと散歩もしよう。

 

 

しかし、実際は何一つできない。

ゲームすらできない。

 

 

「やろう。(できそう)」と思うのと、実際に実行することの間には超えられない壁がある。

 

 

脳内でのイメージは何の制約もなく、自由だ。

体は軽いし、時間も無限にあるように感じる。

 

 

脳内では

  • 本を読めば、読めない漢字、意味がわからない文章はなく、本は一瞬で読了。(内容も完璧に理解)
  • ブログは考えている事がすらすら文字に起こせる。
  • ゲームはすんなりクリア。
  • ギターはすぐにフレーズが弾けるようになる。
  • 散歩はスイスイ、体も疲れず、すぐに帰ってこれる。

ような気がする。 

 

 

現実は

  • 本を開けず。1日が終わる。

 

 

脳がやっているのは、空想に過ぎない。

空想はノーコスト、エネルギーもかからない。

空想と、現実の行動のギャップを埋めるのには、多大なエネルギーが必要だ。

そして、空想だけでは、何も生まれない。

行動は脳内ではすぐそこに見えるけども、本当はずっと遠い

 

 

 

いろいろな著名人が「行動が大事だ」と言っている。

 

きっと著名人たちは気付いているんだ。

「行動する」のが真に難しく「あれやろう、これやろう」と思ったり、言ったりするのは容易いと。

 

 

本当に難しいのは行動だ。

 

言うは易し行うは難し

 

  

 

 

 関連記事

www.kirinnox.com

www.kirinnox.com

www.kirinnox.com www.kirinnox.com

 


 

プライバシーポリシー / お問い合わせフォーム
©2019 キリンノックス