20190526114501 20190526114501

ブログが上手く書けないときの対処法




f:id:kirinnox:20190713210501j:plain

 

我がブログ「キリンノックスの日記」も200記事を超え、226記事。

 

 

ここ数日。書いても、書いてもなんか、まとまらない。

もう、投稿していないメモ帳の文字数が10万文字くらいになってしまっている・・・

約50記事分の文章が、おれのパソコンの中で眠っている。

 

 

でも、なんか、上手く書けず岡崎フラグメントみたいな断片的文章が10万文字

 

 

ブログを始めた頃はこんな事なかったのです。

以前の記事にも書きました最近ブログ開設4ヶ月が経ち、私の中で、謎の記事のハードルが上がる現象が起きている。

www.kirinnox.com

 

さらには、先日来た執筆依頼

www.kirinnox.com

 

気分がWEBライターみたいになってしまい、自分の文章をWEBライター気取りで見てしまって「駄文だ・・・」と思ってしまっているw

良くアニメの作家キャラが、原稿用紙をくしゃくしゃにして投げ捨てるシーンがありますが、あの気持ちになった気分です(つまり作家気取りという事ですw)

そんな気持ちをそのまま書いてしまおう。と思って書いてます。

ブログの悩みはブログに書く。

同じ悩みを抱える人の参考になれば幸いです。

 

 

 

もう上手く書けなくても、アップしよう。

f:id:kirinnox:20190713211755p:plain

 

今書いているこの文章も、他のブログネタ用メモも、私のパソコンの中にあるだけではなんの意味もありません。

誰かに読まれることも無ければ、1円すら稼ぐこともありません。

しかし、アップロードすれば、別です。

 

 

超駄文であろうと、誰か1人でも読んでくれるかもしれません。

超駄文であろうと、誰か1人でも役に立つかもしれません。

1円くらいは、広告費が稼げるかもしれませんw

 

 

というわけで、自分的には気に入らなくてもうp!を第一の対処法とします。

 

 

 

理想の2割を目指す。

f:id:kirinnox:20190713212915j:plain

 

書いても、投稿しなきゃ 0 なんです。

例え8割のブログ記事を書いたって、投稿しなければ、0割です。

自分の中で2割を越してたら、うpする。

 

 

ちまたでは、「8割目指して執筆しましょう」みたいな意見が多いみたいですが、おれはもう、2割にする。

もともと8割書けてたら上出来と思っているw

自分でハードルを下げまくって、記事をうpするしかないだろう。 

 

 

 

後から直す姿勢で

f:id:kirinnox:20190713213013j:plain



最近、以前書いた記事が気に入らなくなって、ちょくちょくリライト(書き直し)をしています。

多分、そう思うのは、多少文章力が上がったからなのか?

まぁ4ヶ月もやってれば、ちょっとは成長して欲しい自分

というわけで、今の完璧10割の記事を書いても、1年後の自分から見れば、どうせ駄作になってしまう。

完璧を目指すのがそもそも意味ないんや。

 

 

 

アップした後に記事を見ると、なぜかインスピレーションが湧いてくる

f:id:kirinnox:20190713213139j:plain


これ、私だけかもしれないんですが。

「記事を書く」 → 「軽く読み直す」 → 「うp」

っと記事を上げているはずなのに、自分のアップされた記事を見るとなぜか書き直したくなるんですw

そして、アップされた状態のまますぐに書き直しています。

「人の目に晒している」という行為があって、はじめて、インスピレーションが湧いてくる。

謎の現象。私だけ?

 

 

この記事も多分うp直後に書き直しまくっていると思います。

人前に晒してはじめて、見えてくる世界がある。

 

 

まとめ

f:id:kirinnox:20190601145648j:plain

 

  • 上手く書けなくてもアップ!
  • 2割のクオリティでアップ!
  • 後から書き直せば良いんだから、現状の駄文をアップ!
  • アップして見えてくる事もあるので、とりあえずアップ!

 

以上です!

 

 

ブログが上手く書けない。とお悩みの方。

私と一緒に駄文をアップしまくりましょう。

そしてあっぷあっぷしましょう。

 

 

 

PS

挨拶記事がスマニューに載ってて嬉しいです。 みなさんのおかげさまでえす!

www.kirinnox.com

 

アッチョンブリケー!アッチョンブリケー!

 


 

プライバシーポリシー / お問い合わせフォーム
©2019 キリンノックス