東京には雑音が多すぎる




 

昨日、東京に行ってきた。

f:id:kirinnox:20190408121609j:plain

 

すごい街だ、私は山梨の田舎に産まれ、山梨の田舎で育った。 

山梨は車で10分行けば山があるし、青空は広く、まわりは山に囲まれている。(本当にどちらを向いても山があります)

外で、手を広げてぐるぐる回っても(ダブルラリアット誰にもぶつからないどころか、誰に見られる事もない。

 


東京は、すごかった。人が多い、音が多い、うるさい、広告が多い、ビルが多い、店が多い、空が狭い、地面が全部アスファルト、自然が少ない。

 


私は、

人の目が気になった。

私はもともと、人目を気にする性格なのだが、もう、まず、人の目が物理的に多い。 

www.kirinnox.com

 

 

東京で歩いていれば、人とすれ違い続ける。 

目が一瞬合う人もいる。 

東京にいれば、慣れているんだろうが、私は、あんな、世間の目には慣れていない。

昼でも夜でも人がいる。街を歩いている。駅にいる。電車に乗っている、店で飯を食べている。渋谷、原宿、新宿。

 

 

人目の数が尋常ではない。世間体という実態のない、見えないものが、山梨よりも巨大に感じる。(実際にどうかは知らない・・・東京の方が他人に無関心という話もあるしね) 

電車で友人と話していても「この話、周りの人に絶対聞かれているよな・・・」としか考えられず、いつものように会話できない。

歩いていて、コケそうになったら、「今、見られただろうか」と考えてしまう。

 

 

東京に(私のように)人目を気にしやすい人が住んだら、最高に精神がすり減るだろうな・・・と思った。それとも、慣れてしまうんだろうか。

 

 


東京には、人生の雑音が多すぎる。 

広告、他人、店、アミューズメント。

 

 

東京の街は、なんとなく歩いていても飽きない。

歩くと、いろんな物が目に飛び込んでくる。でかい広告。動く広告。客引き、チラシを配る人、電信柱に貼られたポスター、爆音で宣伝しながら走る宣伝カー。

 

 

上を見ても、下を見ても、右を見ても、左を見ても、人工物で満ちている。 

物を買わせよう、楽しいよ、こっちにおいでよ、見てみなよ、面白いよ。

 

 

私の感覚を鈍らせる。

 


私の理想の世界観は静かだ。

 


MYSTのような世界観

 

田舎の別荘が私の理想

 

そんな、私が、東京に行くと。

 

 

東京に圧倒されて何も考えられなくなる。

 

 

「おれはなんのために生きているんだろう。」

「おれは何がしたいんだろう」

「おれ、何をしてるときが一番楽しいんだろう」

「おれが心から欲しいものはなんだろう」

「おれは、どうなりたいんだろう。」

「人生に於いて大切な事はなんだろうか。」

 

 


私は山梨で、いつも考えている。毎日、考えている。

 

 

しかし、東京に行った時、私の頭は、鈍った。 

以前にも書いたが、人間は目に飛び込んでしまったものを、完全に考えないのは不可能だ。

www.kirinnox.com

 

広告が見えてしまった場合、その広告の内容について、少しの事も考えないというのは不可能だ。何かは考えてしまう。化粧品のCMが目の前で流れていれば、男のおれでも、それの事について考えてしまう。

では、その広告、店、過ぎゆく人々が、1秒に何百も目に入ってきてしまったら、私の頭はどうなってしまうだろう。

 

 

私の頭の中は、考えたくないものや、別に考えなくてもいいような、どうでも良いものに埋め尽くされる。 

1つ1つの影響は少ないかもしれないが、100も見せられれば、頭の中は埋まってしまう。

これを回避するためには、目をつむって、耳を塞いで歩く必要がある。

 

 

でもそんな事は無理だ。

 


私が東京に行った感想は以上です。つまり言いたいことはこうです。

 

 

もし、私が、東京で生きていたら、私の頭の中は、視覚情報、聴覚情報を受け、考えたくない、別に考えなくてもいいような、どうでも良いものに埋め尽くされる。

これは、私にとっては、重要な問題だ。

 

 

私は、毎日、「自分は何を考えるべきか、何をすれば良いか、何をすれば楽しいのか、何が好きなのか、自分の考えたいものは何か」と真剣に考えているのに、

東京ではその努力も虚しく、一瞬で、私の大切な物が何かわからなくなりそうだ。

 


 

プライバシーポリシー / お問い合わせフォーム
©2019 キリンノックス