【河童】芥川龍之介の厭世観【私的考察】




 

私事ですが、甥っ子が生まれました。

私はおじさんになった。(28歳) 

結構前から、おっさんになってきたなぁ。と思っていたましたが、立場上のおじさんになってしまいました。

 

 

余談ですが、おっさんみたいな顔をしているオジサンという魚がいるんです。余談終

 

 

人類の代謝を感じます。 

古いものから新しいものへ移り変わっていく。

その中に私や、甥っ子や、全人類がいる。

 

 

私は甥っ子誕生のニュースを聞き、嬉しさもありましたが、変人なので芥川龍之介の書いた一節を思い出していました。

 


二十四 出産


彼は襖側に佇んだまま、白い手術着を着た産婆が一人、赤児を洗ふのを見下してゐた。赤児は石鹼の目にしみる度にいぢらしい顰め顔を繰り返した。のみならず高い声に啼きつづけた。彼は何か鼠の仔に近い赤児の匂を感じながら、しみじみかう思はずにはゐられなかつた。――「何の為にこいつも生まれて来たのだらう?この娑婆苦の充ち満ちた世界へ。――何の為に又こいつも己のようなものを父にする運命を荷ったのだらう?」
しかもそれは彼の妻が最初に出産した男の子だった。


芥川龍之介或阿呆の一生』(太字は引用者)

 

 


芥川さん、自分の息子が生まれた時の感想が、これ。 

マジパネェ。

「見下してゐた」

自分の子供が生まれた光景を見下している・・・

 

 

自分の子供が生まれた時に「なんで、こんな世に生まれちゃったの?しかも、なんでおれみたいなやつのとこに生まれる運命になっちゃったの?」っと言うわけだ・・・

どれだけこの世界が嫌いだったか、そして、芥川自身がどれだけ生きるのが大変だったかが察せられる。

 

 

芥川著の「河童」にこのような場面がある。 


お産をするとなると、父親は電話でもかけるように母親の生殖器に口をつけ、「お前はこの世界へ生まれてくるかどうか、よく考えた上で返事をしろ。」と大きな声で尋ねるのです。バッグもやはり膝をつきながら、何度も繰り返してこう言いました。それからテエブルの上にあった消毒用の水薬でうがいをしました。すると細君の腹の中の子は多少気兼ねでもしているとみえ、こう小声に返事をしました。「僕は生まれたくはありません。第一僕のお父さんの遺伝は精神病だけでもたいへんです。その上僕は河童的存在を悪いと信じていますから。」 バッグはこの返事を聞いた時、てれたように頭をかいていました。が、そこにい合わせた産婆はたちまち細君の生殖器へ太い硝子の管を突きこみ、何か液体を注射しました。すると細君はほっとしたように太い息をもらしました。同時にまた今まで大きかった腹は水素瓦斯を抜いた風船のようにへたへたと縮んでしまいました。

 

芥川龍之介『河童』(太字は引用者)

 

バッグというのは、河童の青年の名前です。

 

 

河童という種族は、お産の時、胎児に対して「この世に生まれたいか、生まれたくないか」を聞く。

そして「生まれたくない」と言えば、中絶のような事をしてしまう。という場面だ。

 

 

これは、私が思うに、芥川自身が、生まれる前に、生まれるかどうか選びたかったという願望の現れなのではないかと思っています。

そして、芥川自身の「生まれたいかどうか」の答えも河童と同じく「NO」なのではないか。

この文章から「生まれる前に、選べれば、こんな世界には生まれては来なかったよ。」という芥川の気持ちをひしひしと感じます。

 

 

そして、生まれない事を選んだ、この河童の胎児のセリフに、芥川が厭世的であった理由の一端が感じられます。

まず、病。精神病。現実の芥川の母は精神に異常をきたしており、そのため、芥川龍之介は伯母に養育されたようです。

また、河童の胎児は「お父さんの遺伝」と言っています。

「遺伝によって、病的な精神も子に受け継がれる。」と芥川は思っていたと私は考えています。

 

 

この事は芥川龍之介の遺書からも伺えます。


汝等は皆汝等の父の如く神経質なるを免れざるべし。殊にその事実に注意せよ。


芥川龍之介『遺書』

 

これは、芥川が、自身の子供に宛てた内容です。「私のように君らも神経質であることからは逃れられないので、注意しろよ。」と書いてあります。

「母は神経質であった。私も神経質だったから、遺伝によって私の子どもたちも神経質であろう。」という思考を持っていたと推察できます。

 

 

 

河童の話に戻ります

河童の胎児は、もう一つ、「河童的存在が悪い」と言っています。 

河童が「河童を悪いと思っています。」ということは、人間が「人間という存在は悪い」と思っているのと同じ事です。

 

 

芥川は、人間というのは、業が深い、愚かな生き物。のような考え方があったのではないかと、私は推察しています。

 

 

まとめ

f:id:kirinnox:20190329201304j:plain

 

私は芥川の本を読めば読むほど、この世が嫌いだ、人間が嫌いだ。と言っているように感じられます。

凄まじい厭世観

 

 

まぁ、私も、そんな気持ちになることもありますが、芥川ほど、世界を嫌いになる事もないな。と思ったりもします。

www.kirinnox.com

 

 

というか、芥川は、現在でいう東京大学に入るほど頭も良く、妻子に恵まれ、妻の他に愛人までいたというのに、なんで世界がこんなにも嫌いなんでしょうか。 

頭が良すぎたのでしょうか。 こちらの記事でもう少し、考察してみました。

www.kirinnox.com

 

「不満足なソクラテスと満足な豚どちらが幸せか。」という問を、芥川も考えていたに違いないと私は思っています。

 


最後に或阿呆の一生からもう一文引用させてください。 

 

四十二 神々の笑ひ声


 三十五歳の彼は春の日の当つた松林の中を歩いてゐた。二三年前に彼自身の書いた「神々は不幸にも我々のやうに自殺出来ない」と云ふ言葉を思ひ出しながら。……


芥川龍之介或阿呆の一生

 

 

神の不幸は自殺できないこと。

裏を返せば、芥川は「人間の幸福は自殺できること」と考えていたのではないでしょうか。

この世とおさらばしたい、芥川の気持ち・・・ 

35歳で自殺した芥川龍之介どんな気持ちだったのでしょうか・・・

 

 

 

関連記事

www.kirinnox.com

www.kirinnox.com

www.kirinnox.com

 


 

プライバシーポリシー / お問い合わせフォーム
©2019 キリンノックス