キリンノックスの日記


キリンノックスのブログ

「あ、ピーターパンが、やってくるぞ!!」




f:id:kirinnox:20200120223514j:plain


これは、おれが幼稚園生のときの話である。

 

 

幼稚園生というのは、劇をするものだ。

劇はピーター・パンであり、おれの役は海賊③だった。 

劇中で跳び箱を飛んだり、結構凝った劇だった。

 

 

おれのセリフはこうだった。

 

 

「あ、ピーターパンが、やってくるぞ」

 

 

これを双眼鏡を覗きながら言う。

f:id:kirinnox:20200120223508j:plain

 


それが、唯一のおれの見せ場だった。

 

 

しかし、問題があった。

 

 

練習時、望遠鏡はなかったのだ。 

練習時は、私服で、小道具はなし。

 

 

幼稚園の先生は「本番は双眼鏡を借りてくるから、練習は手でやってね。」と言っていた。

 

 

そこで、おれは、何度も練習した。

 

 

手を丸にして、両目に当てる。 

 

 

手の丸で覗きながら、「あ、ピーターパンがやってくるぞ」を練習し続けた。

 

 

 

 

そして、本番の日がやってくる。

おれは海賊の衣装を着て、双眼鏡を渡される。

f:id:kirinnox:20200120223836j:plain

 

先生は言った。

 

「コレを覗きながら言ってね!」

 

おれは首を縦に振った。

 

 

 

苦手だった跳び箱もなんとかキマり、問題のシーンがやってくる。

 

 

おれの緊張は頂点に達していた。

 

 

おれはいつもの丸を覗きながら叫んだ。

 

「あ、ピーターパンが、やってくるぞ!!」

 

保護者は爆笑の渦に包まれた。

 

 

望遠鏡を首に下げたまま、手で作った丸を覗いている少年が、そこにいた。

 

 

若干5歳にして、一生懸命練習した結果が爆笑の渦だったという経験を得た。

 

 

あの日から何かがおかしくなったのだと思う。

 

 

もし、あの日、双眼鏡を覗けていたら、多分別の人生があったと思う。

 

 

でも、別にこの人生も悪くないと思う。

 

 

もしあのとき、双眼鏡を覗いていたら、おれはあの劇のことなど覚えていないだろう

そもそも、覗けているようなら、それはおれではなかった。

 

 

双眼鏡を覗けない人生。

それがおれの人生なのだと受け入れて生きる。

 

 


www.kirinnox.com

www.kirinnox.com

www.kirinnox.com

www.kirinnox.com

 


 

プライバシーポリシー / お問い合わせフォーム
©2019 キリンノックス