社会の窓が全開だった話




私は、いつものように家庭教師を終え

保護者と少し立ち話をして家を後にした。

 

キリンノ「いやー◯◯君はなんの心配もありませんよ。きっと次のテストも大丈夫だと思います。」

保護者「そうですかー先生のおかげですーありがとうございましたー」

キリンノ「それではまた来週^^」

保護者「ええ、よろしくおねがいします^^」

 

 

「ふぅ・・・」

仕事(家庭教師)終了。

車に乗り込む。

 

 

「ん??」

 

 

f:id:kirinnox:20190417222109j:plain

 

全開だった。

 

 

画像はイメージなので、かなりソフトですが、もう、あの時の私は、パンツ見えてんじゃねぇか、くらいに全開きだった。 

 

 

途中でトイレには行っていない。 

最初から最後まで全開だった。という事だ。

 

 

ここで、問題が発生する。

「気づかれていたのか。」

しかし、これを確認する手段がないのだ。

 

 

どう先方に聞けばいい? 

「もしかして、私チャック開いてました?」

おかしくね?

開いてる事に気付いたんだったら、ずっと開いてた事は用意に想像できる。白々しい。

 

 

ではこれは?

「私の社会の窓が開いていた事に気づいていましたか?」 

キメェwww

気付いていなかった場合の保護者(え・・・開いてたんですか?・・・)そうだったんですかー、全然気づきませんでした。おほほほ」

気付いていた場合の保護者(気付いてましたかじゃねぇよ・・・全開だっただろうが・・・)そうだったんですかー、全然気づきませんでした。おほほほ」

 

 


ではこれではどうだろう。

「今日何か変わったことはありませんでしたか?」 

カマかけである。キメェwwww

気付いていなかった場合(え・・・いきなり何・・・)何のことかわかりません・・・(なんだコイツ、何のカマかけてんだ?)

気付いていた場合(なんだwwwその聞き方ww全開でしたよwww)いえ、特に気づきませんでしたよ?」

 

 

かくなる上は自己申告だ。 

「僕、チャック開いてました。失礼しました。」

気付いていなかった場合(わざわざ言わんでも・・・)そうなんですか^^全然気づきませんでしたよ^^」

気付いていた場合(全開だったなwwwわざわざ言わんでもwww)そうなんですか^^全然気づきませんでしたよ^^」

 

 

詰んだ。

 

 

 


 

プライバシーポリシー / お問い合わせフォーム
©2019 キリンノックス