20190526114501 20190526114501

友達の自転車を奪って遅刻をまぬがれた友人の話




f:id:kirinnox:20190619123128j:plain

 

これは、私が高校生のときの話。

私の友人Kは、私の自宅から徒歩1分の距離に住んでいる。

通っている高校は、自宅から、自転車で20分くらいの距離だ。

 

 

私もKも自転車通学。

よく、連れ立って通っていた。

 

 

その日は朝から、雨が降っていた。

 

f:id:kirinnox:20190619123202j:plain

 

朝、私の母が言った

「車で送ってってあげようか?」

 

 

やったあ。

車なら濡れないし、楽だぞい。

そこで、私はKに電話

キリンノ「おれの母さんが送ってくれるってさ!」

 

 

かくして、私とKは、母の車の後部座席に座って、高校に向かった。

 f:id:kirinnox:20190619123256j:plain

 

雨の日の朝というのは

車が混む。

 


ちっとも進まない。

 


信号が青なのに、前が詰まっていて、車が進まないのだ。

信号が青から赤に変わって、青に変わり、また赤に変わった。

 

 

 

キリンノ「・・・やばくね?(遅刻じゃね?)」

まぁおれは別に良かった。

ちょい怒られるくらいだし、

しかし、Kは違った。

 

 

K「おれ皆勤賞狙ってんだよ!!!」

 

 

そりゃーやばい。

このまま車に座っていたら、確実に遅れる。

 


というか、今から車を飛び出して、走って、間に合うのか?

微妙だ。

 

 

まぁ考えていても仕方がない。

私達2人は車を飛び出し、学校に向かって傘もささずに走った。

 

 

おれは諦め気味だった

キリンノ「こりゃー無理っぽいぞ・・・」

 


Kに申し訳なかった。

私が車で行くことを提案したばっかりに、皆勤賞取れなくなって・・・

 

 

学校まで、約500mというところ、遅刻まで、2分くらいだろうか。

前方に自転車を押しながら友人の M がトボトボと歩いていた。

 

f:id:kirinnox:20190619123337j:plain


私達は走って M に追いついた。

 

 

K「M!!!自転車貸して!!!」

 

M「え!!??お!??!え!?!?」

 

K「ありがとう!!!」

 

 

他人の自転車で疾走するKの背中は小さくなっていった。

 


私は、Mと歩いて学校に向かった。

Mは意味のわからなさに笑っていた。

M「やばくね?あいつwwwおれ良いって言ってないのにww」

あまり気にしていないようだった。

私とMはゆっくり歩いて遅刻した

Kは間に合ったらしい。

 


Kは、無事皆勤賞をとって、卒業していきましたとさ。

 

 

 

後日談

K「動転してて「良いよ!」って声が聞こえた・・・」

切羽詰まると幻聴が聞こえるようである。

 


 

プライバシーポリシー / お問い合わせフォーム
©2019 キリンノックス